東京都斁E��区 無縁坂
Muenzaka,Bunkyoku,Tokyo

Category
評価とコメンチE/div>
 
坂�E直線で単調�が、旧岩崎邸の緑と石垣は風惁E��ある
 
不忍�に近い

 
鴎外�E雁�E主要�E台
 
坂�E景観を楽し�Eスポット�Eなく、無料休�E設備もなぁE��、不忍�の施設を利用可能、Ebr />

Apr.4,2017 柚原君孁E/a>

                 



Nov.2009 瀧山幸伸


斁E��区湯島四丁目�E�坂の北�E�E�と台東区�の端一丁目�E�坂の南、旧岩崎邸側�E�間にあり西向きに上る坁Ebr />

始点 北緯35度42刁E7 秒 東絁E39度 46刁E5秒 標高紁E5m
終点 北緯35度42刁E1 秒 東絁E39度 45刁E55秒 標高紁E15m
坂延長 紁E50m

写真 無縁坂から不忍�を望む
 

現在の無縁坂 石垣は旧岩崎邸
            

東大医学部 鉁E��跡

   


国土地琁E�� 1/25000地図 

 

江戸刁E��図 (国土地琁E��所蔵�E�Ebr />  

「御府�E備老E���E, 「称仰院前通りより本郷筋へ往来の坂にて, 往古 坂上に無縁寺有之候に付、、」に由来するらしぁE��E肝忁E�E無縁寺の場所は不�E�としてぁE��、Ebr /> 「文京の坂道」によると、称仰院は講安寺開山の�屁E��で、無縁寺と称したとぁE��、講安寺は当�E無縁山法界寺と称した。またこの周辺は松平備後守�E榊原・前田家など武家屋敷が多く、武縁坂、武辺坂とも呼んだ。とぁE��こと�が、語呂合わせ�E解釈にはめE��無琁E��ある、Ebr />

森鴎外�E『雁』�E主要な舞台となる坂であり、薄幸なヒロインお玉を中忁E��、彼女が�EぁE��田の描�Eをまじえてこ�E坂を老E��してみたい、Ebr />

坂には長調の坂と短調の坂がある。無縁坂は周囲の雰囲気もそう�が、この小説が寁E��するところが大きく、短調の坂�E代表ではなかろぁE��、Ebr /> 小説はまず主人公岡田の散歩コースと坂�E説明から�Eる。�E頭から短調のメロチE��ーが並び、なんとも哀愁が漂う、Ebr /> 今日の無縁坂は旧岩崎邸の整備により幾刁E��わぁE��あるが、当時ははるかに荒廁E��てぁE��風惁E��感じられる、Ebr /> 女主人公はこ�Eような下町風の坂�E途中の仕�E屋に屁E��構える。近年までこ�E家のような雰囲気�E残ってぁE��が、今�E近代皁E��建築物ばかりである、Ebr /> 無縁坂からは上野の山が見渡せた。榊原の屋敷�E�現在の旧岩崎邸�E��E、官軍が大砲を据え、不忍�越しに上野の山に立てこもってぁE��彰義隊を攻撁E��、官軍勝利を導いた因縁�E地である、Ebr /> そ�E上野の山は、�E治政府が医学校である大学東校�E��Eの種痘所、現在の神田和泉町三井記念痁E���E�と痁E��の移転先候補としたが、オランダから招聘した医軍講師ボ�Eドワンの意見に従い公園となった、Ebr /> 大学と痁E��は代わりに現在の東大医学部と痁E��となってぁE��前田家の敷地に移転したの�が、ここに入学したのが鴎外であった�E�から、岡田の散歩の道筋も何らか�E�縁だろうか、Ebr />

---岡田の日、E��にちにち�E��E散歩は大抵道筋が極まってぁE��。寂しぁE��縁坂を降りて、藍染川(あぁE��めがわ)�Eお歯黒�Eような水の流れ込む不忍(しのばず)�E�の北�Eを廻って、上野の山を�Eらつく。それから松源(まつげん�E�や雁E���E�がんなべ�E��Eある庁E��路、狭ぁE��(にぎ)やかな仲町�E�なかちめE���E�を通って、湯島天神�E社冁E��這�E�E��EぁE��って、E��気な臭橘寺�E�からたちでら)�E角を曲がって帰る。しかし仲町を右へ折れて、無縁坂から帰ることもある。これが一つの道筋である。�Eる時は大学の中を抜けて赤門に出る。鉄門は早く鎖�E�とざ)されるので、患老E�E出入�E�しめE��にめE���E�する長屋門から這�Eって抜ける�Eである。後にそ�E頁E�E長屋門が取り払われた�Eで、今春木町�E��EるきちめE���E�から衝(つ�E�き当る処�E�ところ�E�にある、あの新しい黒い門が�E来た�Eである。赤門を�Eてから本郷�E�ほんごぁE��通りを歩ぁE��、粟餁E��あわもち�E��E曲擣�E�きめE��づき)をしてぁE��店�E前を通って、神田明神�E墁E�Eに這�Eる。そのころまで目新しかった目金橋(めが�Eばし)へ降りて、柳原(やなぎ�Eら)�E牁E�E町�E�かたかわまち�E�を少し歩く。それからお成道�E�なりみち�E�へ戻って、狭ぁE��側の横町のどれかを穿�E�うが)って、矢張�E�やはり)�E橘寺の前に出る。これが一つの道筋である。これより外�E道筋�Eめったに歩かなぁE��Ebr />
---そ�Eころから無縁坂の南�Eは岩崎�E邸�E�やしき�E�であったが、ま�今�Eような巍、E��ぎぎ)たる土塀で囲ってはなかった。きたなぁE��垣が築いてあって、苔�E�こけ)蒸�E��E�E�した石と石との間から、歯朶�E�し��E�や杉菜が覗いてぁE��。あの石垣の上あたりは平地�か、それとも小山のようにでもなってぁE��か、岩崎�E邸の中に這�Eって見たことのなぁE��は、今でも知らなぁE��、とにかく当時は石垣の上�E所に、E��木が生えたぁE��生えて、育ちたい程育ってぁE��のが、往来から根まで見えてぁE��、その根に茂ってぁE��草もめったに苁E��か�E�られることがなかった、Ebr /> 坂�E北�Eはけちな家が軒を並べてぁE��、一番体裁�E好�E�い�E�いのが、板塀を繞(めぐ)らした、小さぁE��もた屋、その外(ほか)�E手�Eをする男なんぞの住いであった。店�E荒物屋に烟草屋(たばこや�E�位しかなかった。中に往来の人の目に陁E��のは、裁縫を教えてぁE��女の家で、昼間�E格子窓�E冁E��大勢の娘が雁E��って為事(しごと�E�をしてぁE��。時候が好くて、窓を明けてぁE��とき�E、�E、E��生が通ると、いつもべちめE��ちめE��んにしゃべってぁE��娘�Eが、皆顔を挙げて往来の方を見る。そして又話をし続けたり、笑ったりする、Ebr />

お玉と岡田との出会いも、官軍と彰義隊�E出会いのようでもあり、世界の違いが暗示される、Ebr />
---そ�E隣に一軒��子戸を綺麗(きれい�E�に拭き�Eれて、上がり口の叩きに、御影石�E�みかげぁE���E�を塗り込んだ上へ、折、E��方に通って見ると、打水のしてある家があった。寒い時�E障子が�めてある。暑ぁE��は竹簾�E�たけす�れ)が卸してある。そして為立物師�E�したても�Eし)�E家の賑やかな為めに、この家はぁE��も際立ってひっそりしてぁE��ように思われた、Ebr /> こ�E話の出来事�Eあった年の九月頁E��岡田は郷里から帰って間もなく、夕食後に例�E散歩に出て、加州�E御殿の古ぁE��物に、仮に解剖室が置ぁE��あるあたりを過ぎて、�Eら�Eら無縁坂を降り掛かると、�E然一人の湯帰り�E女がかの為立物師の隣の、寂しぁE��に這�Eる�Eを見た。もぁE��候が�ぁE�E秋らしくなって、人が涼みにも�Eぬ頁E��ので、一時人通りの絶えた坂道へ岡田が通り掛かると、丁度今例�E寂しぁE��の格子戸の前まで帰って、戸を�EけよぁE��してぁE��女が、岡田の下駁E�E音を聞ぁE��、�EぁE��格子に掛けた手を停�E�とど�E�めて、振り返って岡田と顔を見合せたのである、Ebr />

お玉はどんな女性なの�ろうか。女が男に微笑�EとぁE��ことが意味するも�Eは明白である、Ebr />
亁Ebr /> ---結い立ての銀杏返(いちめE��がえ�E�しの鬢�E��Eん)が蝉(せみ�E��E羽�E��E�E��Eように薁E��のと、E��の高い、細長ぁE��稍(やめE��寂しぁE��が、どこ�E�減か額から��に掛けて少し扁E���Eら)たぁE��ぁE��感じをさせるのとが目に留まった。岡田は只それ�け�E刹那�E�せつな�E��E知覚を閲歴したと云うに過ぎなかった�Eで、無縁坂を降りてしまぁE�E��は、もぁE��の事�E綺麗に忘れてぁE��、Ebr /> しかし二日ばかり立ってから、岡田は又無縁坂の方へ向いて出掛けて、例�E格子戸の家の前近く来た時、�Eき�E日の湯帰り�E女の事が、突然記�Eの底から意識�E表面に浮き�Eしたので、その家の方を一寸見た。竪�E�たて�E�に竹を打ち陁E��て、横に二段ばかり細く削った木を渡して、それを蔓(かずら�E�で巻ぁE��肱掛窓(�Eじかけまど�E�がある。その窓�E障子が一尺ばかり明いてぁE��、卵の殻を伏せた丁E��青(おもと�E��E鉢が見えてぁE��。こんな事を、幾刁E��の注意を払って見た為めに、歩調が少し緩くなって、家の真ん前に来掛かるまでに、数秒時間�E余裕を生じた、Ebr /> そして丁度真ん前に来た時に、意外にも丁E��青�E鉢の上�E、今まで�色�E��EずみぁE���E��E闁E��鎖されてぁE��背景から、白ぁE��が浮き�Eした。しかもそ�E顔が岡田を見て微笑(ほほえ)んでぁE��のである、Ebr /> それからは岡田が散歩に出て、この家の前を通る度に、女の顔を見ぬことは殁E��無ぁE��Ebr />
お玉は、おとなしい、細面とぁE��ことであれば、竹乁E��二が描く美人画の印象が近い、Ebr />

竹乁E��二 
  



中国で人気�E美人とぁE��ば白蛁E��であろぁE��アニメーション�画の『白蛁E��』�E宮崎駿がアニメーション�画製作を志した原点でもある、Ebr /> 鴎外�E小青が好みのようである。�E刁E�E嗜好をお玉に投影してぁE��のではなかろぁE��、Ebr /> 具体的にはどのような形容か。白蛁E��に登場する小青とは、渁E��正しく美しく、主人の白蛁E��仕える青蛁E��ぁE��たところか。控え目な女性像だ、Ebr /> 白蛁E��、大物主大神神話、今�E物語、E��月物語、娘道成寺など、蛇と美男子と女の執念にまつわる説話の一つとして『雁』をとらえると、岡田が青大封E��治をしたことがお玉�E決意�Eきっかけとなったわけで、怖いながらも妖な雰囲気が伝わってくる、E

丁Ebr /> ---同じ虞�E新誌�E中�E�うち�E�に、今一つ岡田の好きな斁E�がある。それ�E小青伝であった。その伝に書ぁE��ある女、新しい詞で形容すれば、死の天使を閾�E�しきい�E��E外に征E��せて置ぁE��、徐(しず)かに脂粉�E粧�E�よそおぁE��を擬�E�こら)すとでも云うような、美しさを性命にしてぁE��あ�E女が、どんなにか岡田の同情を動かしたであろぁE��女と云うも�Eは岡田のためには、只美しぁE��、�Eすべき物であって、どんな墁E��にも安んじて、その美しさ、�Eらしさを護持してぁE��くてはならぬように感ぜられた。それには平生香奩体(こぁE��んたぁE���E詩を読んだり、sentimental�E�サンチ�Eンタル�E�E な、fatalistique�E�ファタリスチック�E�E な明渁E��みんしん)�E所謂(いわゆる)才人の斁E�を読んだりして、知らず識(し�E�らず�E間にそ�E影響を受けてぁE��為めもある�ろう、Ebr />

お玉を妾にした悪役の高利貸、末�はこ�Eような目でお玉を見てぁE��。これも白蛁E��とのアナロジーが面白ぁE��Ebr />
丁Ebr /> ---末�はつと席を起�E�た�E�った。そして廊下に出て見ると、�Eを屈(かが)めて、曲角�E壁E��に躊躁E��ちめE��ちめE��してぁE��爺ぁE��ん�E背後(うしろ�E�に、怯�E�おく)れた様子もなく、物珍らしそぁE��あたりを見て立ってぁE��のがお玉であった。�Eっくりした冁E���E、可哀らしぁE��だと思ってぁE��に、いつの間にか細面になって、体も前より�EすらりとしてぁE��。さっぱりとした銀杏返(いちめE��がえ�E�しに結(い�E�って、こんな場合に人のする厚化粧なんぞはせず、殁E���顔と云っても好�E�よ�E�い。それが想像してぁE��とは全く趣が変ってぁE��、しかも一層美しぁE��末�はそ�E姿を目に吸ぁE��むように見て、忁E�E冁E��非常な満足を覚えた、Ebr />
物語�E最後、いよいよお玉が末�と決別して岡田に告白しよぁE��ぁE��場面であるが、�E然のぁE��ずらから、お玉�E人生�E翻弁E��れる。不忍�の雁が石に当たって死ぬことが暗示となっており、短調の旋律�Eクライマックスである、Ebr />

二十亁Ebr /> ---無縁坂を降り掛かる時、僕は「おぁE��いるぜ」と云って、肘�E��Eじ)で岡田を衝いた、Ebr /> 「何が」と口には云ったが、岡田は僕�E詞�E意味を解してぁE��ので、左側の格子戸のある家を見た、Ebr /> 家の前にはお玉が立ってぁE��。お玉�E窶�E�やつ�E�れてぁE��も美しぁE��であった。しかし若ぁE��康な美人の常として、粧��E�つくりばえ)もした。僕の目には、いつも見た時と、どこがどぁE��ってぁE��か、わからなかったが、とにかくぁE��もとまるで違った美しさであった。女の顔が照り赫ぁE��ぁE��ようなので、僕は一種の羞�E�E�まぶし)さを感じた、Ebr /> お玉の目はぁE��とりとしたように、岡田の顔に注がれてぁE��。岡田は慌てたよぁE��帽を取って礼をして、無意識に足の運(�Eこ�E�E�を早めた、Ebr /> 僕�E第三老E��有勝�E�ありがち�E�な無�慮を以て、度、E��後(うしろ�E�を振り向ぁE��見たが、お玉�E注視�E頗(すこ�E�E�る長く継続せられてぁE��、Ebr /> 岡田は俯向(うつむ�E�き�減になって、早めた足の運(�Eこ�E�E�を緩めずに坂を降りる。僕も黙って陁E��て降りる。僕の胸の中�E�うち�E�では種、E�E感情が戦ってぁE��。この感情には自刁E��岡田の地位に置きたぁE��云うことが��調をなしてぁE��、Ebr />
物語�E結末は刁E��ぁE��サチE��の哀愁を帯びた曲『ジ�ノ�EチE��』を聞きながらこ�E物語を読み、岡田の歩ぁE��コースで無縁坂を訪ねる�Eも一興か。お玉�E想ぁE��背後に感じながら、Ebr />

参老E��献 
「�EんきめE��の坂道」文京区教育委員企Ebr />

アニメ�画 『白蛁E��、E958 東�アニメーション 


無縁坂
Muenzaka

Mar.2007 撮影�E�Ea href="../../reporter-yuhara-kimiko.html">柚原君孁E/a>

    


May 2003 撮影�E�瀧山幸伸 Preview video 500Kbps Hi Quality