JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

東京都文京区 旧安田楠雄邸
Kyu Yasuda Kusuo residence,Bunkyo Tokyo

Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 
 Water
 
 
 Flower
 
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 Food
 


Mar.2012 柚原君子

おひな祭りの日にふと思い立って安田財閥の創始者安田善次郎氏の孫に当たる安田楠雄氏の邸宅「旧安田楠雄邸庭園」に行ってきました。建物は豊島園の創始者である藤田幸三郎氏による大正8年の近代和風建築で、平成元年、東京都名勝文化財に指定されています。現在は財団法人日本ナショナルトラストが管理。玄関にはとても大きな靴脱ぎ石があり、控えの間と電話室が有り、当時の日本を代表する財界人の上流生活が感じられます。芸術品と言えるガラス窓、茶の間の引き戸に描かれた墨絵、欄間の美しさ、くねくねと曲がっていく廊下から眺められる庭の変化にも飽きさせないものがありました。各部屋には説明をしてくださる方も配置されていて、大正時代に戻ったかのような気持ちになり時を忘れました。茶の間から通じる防空壕が庭にあるとのことでしたが、見つけられず一般公開もたくさんあるようですので、次回また訪ねてみようと思いました。

※参考
防空壕の公開(7月)、端午の節句(5月)、七草粥のおもてなし(1月)、枝垂桜鑑賞などそのほかのイベントも多く開かれています。一般公開は毎週水曜日と土曜日。入館料500円。サンテラスで茶菓子あり(有料)
所在地 東京都文京区千駄木5-20-18
交通 JR山手線西日暮里駅 都営バス草63乗り換え 団子坂下停留所下車 徒歩6分
 地下鉄東京メトロ千駄木駅1番出口より徒歩6分
 文京区コミュニティバス「ビーグル」千駄木の郷駅下車すぐ



外観 パンフレット
                                


応接室 サンルーム
                                  

玄関 控え室 電話室
        

茶の間
         

残月の間 お雛様
                        

台所 浴室
         


二階客室
                               


             


All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中