JAPAN GEOGRAPHIC

東京都文京区 日本基督教団 弓町本郷教会

ICCJ Yumicho Hongo kyokai,Bunkyo,Tokyo

Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 
 Water
 
 Flower    
 Culture
 
 
 Facility    
 Food
 


Aug.2015 柚原君子

所在地:東京都文京区本郷2-35-14

春日通りと白山通りが交差する東京都文京区の「春日町交差点」。その交差点より本郷方面への急坂を登って行くと「真砂交差点」に出ます。右折すると左側に十字架をいただいた建物、「弓町本郷教会」があります。

1882(明治19)年、神田明神阪上で伝導を始めたのがこの教会の始まり。

教会は初めは本郷東竹町にありましたが、1898年4月、本郷大火により焼失します。その後、本郷壱岐坂で再建されていますが、1923(大正12)年の関東大震災で再び焼失します。再三の焼失という経験から強固なものを希求したのでしょうか、1926(大正15)年、『鎮ブロック造り(中村式コンクリートブロック工法)』で現在の地(旧住所で本郷弓町)に再々建築されます。

鎮ブロック造りとは、中村鎮(まもる)氏が考案したもので、外壁をコンクリートのブロックで積み上げて要所には鉄筋を入れて、コンクリートを流し込んで非常に強固な柱とするものだそうです。大震災を体験したゆえにできたものであったのだろうかと、建物を見ながら思いを馳せました。

穏やかに建つ教会は、今年(2015年)で89年を経た建物となります。落ちついた色彩のステンドグラスや丸い窓枠など、眺めていて飽きません。正面入り口に建築年が大きく入っているのも珍しいと思います。

              

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中