JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

東京都目黒区 尊經閣文庫
Sonkeikaku-bunko Library, Meguro-ku, Tokyo

Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 
 Water
 
 Flower
 
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 
 Food
 


目黒区駒場4-3-55目黒区立駒場公園内 尊經閣文庫 図書閲覧所 重文 近代/文化施設 昭和 昭和3(1928) 鉄筋コンクリート造一部木造及び鉄骨造、建築面積188.50u、二階建、塔屋付、一部銅板葺 20130807
目黒区駒場4-3-55目黒区立駒場公園内 尊經閣文庫 書庫 重文 近代/文化施設 昭和 昭和3(1928) 鉄筋コンクリート造、建築面積143.16u、三階建、北面ポーチ付 20130807
目黒区駒場4-3-55目黒区立駒場公園内 尊經閣文庫 貴重庫 重文 近代/文化施設 昭和 昭和3(1928) 鉄筋コンクリート造、建築面積102.70u、三階建、北面ポーチ付 20130807
目黒区駒場4-3-55目黒区立駒場公園内 尊經閣文庫 門及び塀 重文 近代/文化施設 昭和 昭和3(1928) "門 鉄筋コンクリート造、門柱間3.9u 塀 鉄筋コンクリート造、延長23.4u" 20130807
旧前田家本邸


February 20,2016 大野木康夫 source movie

所在地 東京都目黒区駒場4丁目3番55号

尊經閣文庫は、旧加賀藩主前田家所蔵の古書籍、古文書、美術品などを収蔵、公開するための施設である。
名称は前田家5代綱紀が収集した「尊經閣蔵書」にちなむ。
大正15年に管理と運営のために公益法人育徳財団を設立し、本邸の駒場移転に合わせて、敷地の一郭に昭和3年に施設が建設された。
北側道路に面して、本邸正門とは別に門を開き、中央に図書閲覧所、南側に防火を考慮した鉄筋コンクリート造三階建の書庫と貴重庫が並ぶ。
尊經閣文庫は、旧大名家による文化施設の先駆例として歴史的に高い価値が認められる。
(国指定文化財等データベースより)

尊經閣文庫は駒場公園の北西に位置しています。
旧加賀藩主前田家に伝わり、現在は公益財団法人前田育徳会が所有する資料、美術品を収蔵しており、資料は研究のために予約制で利用できるようですが、展示施設がないので美術品等の一般公開はしていません。
所蔵品の中には国宝22件(書跡・典籍16件、古文書3件、工芸品3件)、重要文化財73件(書跡・典籍50件、古文書8件、工芸品8件、絵画7件)が含まれています。
この日は土曜日で閉館していましたが、開館時でも敷地内での撮影は不可のようです。

門及び塀(重要文化財)

昭和3(1928)年の建築
門 鉄筋コンクリート造、門柱間3.9u
塀 鉄筋コンクリート造、延長23.4u

旧前田家本邸の正門(駒場公園の北門)と並んでおり、門衛所は共通利用していたようです。

             

図書閲覧所(重要文化財)

昭和3(1928)年の建築
鉄筋コンクリート造一部木造及び鉄骨造、建築面積188.50u、二階建、塔屋付、一部銅板葺

正門から

             

公園内から

             

書庫(重要文化財)

昭和3(1928)年の建築
鉄筋コンクリート造、建築面積143.16u、三階建、北面ポーチ付

貴重庫(重要文化財)

昭和3(1928)年の建築
鉄筋コンクリート造、建築面積102.70u、三階建、北面ポーチ付

図書閲覧所の南側に並び建っています。
公園から見て手前(東側)が書庫、奥(西側)が貴重庫です。

7        

書庫

                     

貴重庫

       

 

A All rights reserved 無断転用禁止 会員募集中