JAPAN-GEOGRAPHIC.TV


東京都港区 旧浅香宮邸(東京都庭園美術館)
Former Asakamiya residence(Tokyo garden museum),Minatoku,Tokyo


Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 
 Water
 
 
 Sound
 
 Atmosphere
 
 Flower
 
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 
 Food
 


港区白金台5-26 旧朝香宮邸 本館 重文 近代/住居 昭和 昭和8(1933) 鉄筋コンクリート造、建築面積1,214.60u、二階建一部三階建、一部地下一階、煙突附属 "伴待所1棟 鉄筋コンクリート造、建築面積32.00u 内庭境門及び塀1基 鉄筋コンクリート造、延長68.0m、内庭境門付" 20150708
港区白金台5-26 旧朝香宮邸 茶室 重文 近代/住居 昭和 昭和13(1938) 木造、建築面積83.27u、桟瓦葺一部こけら葺 20150708
港区白金台5-26 旧朝香宮邸 倉庫 重文 近代/住居 昭和 昭和8(1933) 鉄筋コンクリート造、建築面積118.30u、二階建 20150708
港区白金台5-26 旧朝香宮邸 自動車庫 重文 近代/住居 昭和 昭和8(1933) 鉄筋コンクリート造、建築面積97.50u、洗場附属 20150708
港区白金台5-26 旧朝香宮邸 正門 重文 近代/住居 昭和 昭和8(1933) 鉄筋コンクリート造、門柱間5.0m、東西脇門及び鉄製扉付、東西袖塀附属、東袖塀延長6.4m、西袖塀延長13.1m "門衛所1棟 鉄筋コンクリート造、建築面積64.00u(内装を除く)、北面コンクリート塀附属、延長22.9m
宅地30,919.95u 26番2、26番4 地域内の池、鉄筋コンクリート塀を含む" 20150708

May 24,2016 柚原君子

                                                                                             


Aug.2016 松田浩志

撮影: May.18,2016

東京都庭園美術館
                                                         

 誕生八幡神社

『戦国時代の文明(ぶんめい)年間(1469年から1487年)、太田道灌(おおたどうかん)が夫人の安産を祈って勧請し、 無事男子が生まれたので誕生八幡(たんじょうはちまん)と呼ばれるようになったと伝えられています。
 目黒通りの拡幅で境内地を削られ、コンクリート造りの社務所(しゃむしょ)の上に木造の社殿(しゃでん)を安置しています』 
目黒区ホームページより転載
        


高福院

目黒駅を出てすぐの東京都庭園美術館へ向かう目黒通り沿いにある。
高福院の本堂の目の前に不釣り合いの大きな石灯籠。もともとこの寺のものでなく他所より移築したものとのことでした。神社・寺ともに武家屋敷に連なる元の姿を思い起こすのは無理だとしても、ほっとできる場所でした。

 『寛永(かんえい)年間(1624年から1644年)に香川の高松藩主松平讃岐守(たかまつはんしゅまつだいらさぬきのかみ)が、現在の国立自然教育園一帯に下屋敷(しもやしき)を拝領した折に創建したといわれています。
 墓地には大正から昭和期にかけて活躍した、劇作家・小説家の長谷川伸(はせがわしん)、版画家の恩地孝四郎(おんちこうしろう)、江戸時代後期の蘭学医石井宗謙(いしいそうけん)の墓があります。石井宗謙(いしいそうけん)はシーボルトの鳴滝塾(なるたきじゅく)に学んだ人物で、シーボルトの娘いねに産科の技術と知識を指導しました』
目黒区ホームページより転載
                                


Sep.2015 瀧山幸伸 4Kmovie

                                                                   





Mar.2010 撮影:瀧山幸伸 HD video

A camera
                                                                                                                                                                            



B camera
                                                                                                                                             




Dec.2007 撮影:瀧山幸伸 DVD quality video AVCHD video Video FAQ

旧浅香宮邸

1933年 竣工。
朝香宮ご夫妻がパリ滞在中に刺激を受けたアール・デコ様式を採用した建築。この様式は1910年代から30年代に流行した。
その様式を代表するフランス人装飾美術家アンリ・ラパンが、玄関、大客室、大食堂、書斎などの内装を担当し、ルネ・ラリックらも参加した。
基本設計および内装は、宮内省内匠寮の建築家・権藤要吉が担当。

参考資料:『朝香宮邸のアール・デコ』 「東京都庭園美術館について」 井関正昭 東京都庭園美術館 2004年

  

入り口
     

本邸
              

前庭
     

日本庭園
           

外周
    

庭園美術
        






Sep.2000 撮影/文:高橋久美子








                  
事務局用


All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中