JAPAN GEOGRAPHIC

東京都渋谷区 東郷神社

Togojinja,Shibuyaku,Tokyo
Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 Water
 
 Flower
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 Food
 


Mar.2,2014 柚原君子

所在地:東京都渋谷区神宮前1-5-3

JR原宿駅竹下口から徒歩5分のところにある東郷神社。原宿の竹下通りの人ごみを泳ぐように縫って歩いた先にあるとは思えない静寂の中にあります。

神社は昭和39年5月建立。神明造りを基調とした近代設計、鉄筋コンクリート平屋建て。御神体は、日露戦争でバルチック艦隊を撃沈させ、日本を勝利へと導いた元帥海軍大将・東郷平八郎命(とうごうへいはちろうのみこと)(1847-1934)。

勝利に導いたということで現代では勝利運にご神徳あることで知られています。昨年のソチ五輪でも橋本聖子団長がお参りをしています。祈願の幟がはためいていて、読んで歩くだけでもおもしろい神社です。著名な高等学校、大学のスポーツ優勝祈願の幟も多いです。出世、資格取得、会社の成長などを祈願する幟も多くあります。

境内には、東郷平八郎が海軍提督であった事で、海にまつわる神殿もあります。回廊には、東郷元帥の生涯を紹介するパネルが展示されています。魚雷、砲弾のレプリカ、戦死者の慰霊碑などもあります。その他、侍従長であった入江相政氏が書かれた碑文『やすらかにねむれぞ想う君のため いのちさかゝげしますらおのとも』の碑文もあります。

東郷平八郎は、今でも世界三大提督に数えられるぐらいの世界的に有名な軍人なのだそうですが、60代半ばの私ですら、もう戦争体験を語ってくれる父親(17歳で志願して、終戦の20日後の特攻隊に出るはずだった、と語っていた)も亡くなっていて、戦争色にあふれる神社に立っても、日本にかつて戦争があったことが人ごとのような感じがします。平和の礎になった方々を一時でも感謝しつつ東郷神社を後にしました。ちょうど結婚式が挙げられているその人々の笑顔の集団がありましたので、色を添えるのに撮影をさせていただきましたが、まぶしいばかりでした。

ちなみに、明治以降に祭神として神社に祀られたのは、陸軍では西郷隆盛・児玉源太郎・乃木希典・永山武四郎・橘周太・山下奉文。海軍では西郷従道・東郷平八郎・広瀬武夫。これらの方々が、神社を建てられて一個人として祭神となり祀られているそうです。

                                                                                        

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中