JAPAN GEOGRAPHIC

東京都品川区 旧品川宿

Shinagawa post town,Shinagawaku,Tokyo
Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 Water
 
 Flower
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 Food
 


Feb.25,2014 柚原君子

品川宿(旧東海道一番目の宿)

江戸四宿(千住宿・内藤新宿・板橋宿・品川宿)のうちの一つ。いづれも江戸6地蔵がある。

品川宿は東海道の1番目の宿として1601年制定。全長約2,4キロ。現在も生活の活気がありながら歴史を残している宿場です。北の八ツ山口から南に向かって「歩行新宿」(かちしんじゅく)、「北品川宿」(本宿)、目黒川を渡って「南品川宿」で構成されています。宿内の家々は1600軒、住む人7000という活気ある宿だったそうです。江戸前で魚の量が豊富であった東京湾の傍なので漁師町でもあり、活きの良い魚であふれ宿場の料理屋も数多くあったそうです。飯盛り女の数だけでもその他の江戸四宿の三倍はあったそうで、北の吉原に対して品川は南といわれ遊興の場所として江戸一番の一大行楽地でした。

参考: 江戸四宿特別展の資料

                                                                                        

荏原神社

                                                     

法禅寺

                           

海雲寺

                                           

品川寺、江戸六地蔵

                                      

養願寺

        

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中