JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

和歌山県高野町 高野山奥の院
Koyasan Okunoin,Koya town.Wakayama


Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 
 Water
 
 
 Flower
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 Food
 

伊都郡高野町高野山奥の院 佐竹義重霊屋 重文 近世以前/神社 桃山 慶長4(1599) 桁行正面三間、背面一間、梁間一間、一重、切妻造、檜皮葺 宝篋印塔5基 19650529
伊都郡高野町高野山奥の院 松平秀康及び同母霊屋 秀康霊屋 重文 近世以前/神社 桃山 慶長12(1607) 石造、桁行三間、梁間三間、一重、入母屋造、正面軒唐破風付 宝篋印塔5基 19650529
伊都郡高野町高野山奥の院 松平秀康及び同母霊屋 秀康母霊屋 重文 近世以前/神社 桃山 慶長9(1604) 石造、桁行二間、梁間三間、一重、切妻造、妻入 宝篋印塔2基、五輪塔1基 19650529
伊都郡高野町高野山奥の院 上杉謙信霊屋 重文 近世以前/神社 江戸前期 江戸前期 桁行三間、梁間二間、一重、入母屋造、向拝一間、檜皮葺 19650529


Aug.26,2016 瀧山幸伸
movie preview(YouTube)
movie

                                                            


Mar.25,2015 川村由幸

                   


June 9,2013 大野木康夫 HD video

中の橋駐車場からまずは奥の院を目指します。

   

奥の院付近

高野山で一番参詣者が多いエリアです。
玉川の御廟橋から向こうは撮影や飲食などが禁止されていますので、機材を鞄に入れて参詣します。

      

奥の院から一の橋を目指して歩きました。

  

松平秀康及び同母霊屋(重要文化財)

福井藩主松平家の霊屋で、慶長9年(1604)及び12年(1607)に造られた。
いずれも石造建築であって、珍らしい意匠をもつ。
(国指定文化財等データベースより)

秀康霊屋
慶長12(1607)年の建築
石造、桁行三間、梁間三間、一重、入母屋造、正面軒唐破風付

秀康母霊屋
慶長9(1604)年の建築
石造、桁行二間、梁間三間、一重、切妻造、妻入
附指定:宝篋印塔2基、五輪塔1基

右手の入母屋屋根が秀康霊屋、左手の切妻屋根が秀康母霊屋です。
苔むした笏谷石が何とも言えない雰囲気です。

                   

さらに進んで一の橋近く、上杉謙信霊屋を目指します。
木陰に見えたのは井伊家霊屋でした。

  

上杉謙信霊屋(重要文化財)
江戸時代前期の建築
桁行三間、梁間二間、一重、入母屋造、向拝一間、檜皮葺

江戸初期。
木造、小規模な霊屋として典型的である。
(国指定文化財等データベースより)

極彩色の華やかな霊屋です。

                       

高野山町石(国指定史跡)

 

佐竹義重霊屋(重要文化財)
慶長4(1599)年の建築
桁行正面三間、背面一間、梁間一間、一重、切妻造、檜皮葺
附指定:宝篋印塔5基

慶長4年(1599)造立。
五輪塔型卒塔婆を柵状にたてならべた珍らしい意匠をもつ。
(国指定文化財等データベースより)

ずっと白木だと思っていましたが、後ろ側や側面上部に彩色の跡が見えます。

                               

ゆっくり撮影をしながら約1時間で一の橋に着きました。
一の橋から中の橋駐車場まで路線バスで帰りました。
バス停の時刻表はまばらですが、休日にはたくさんの臨時バスが出ています。

   






Nov.2010 撮影:大野木康夫

一の橋

     

佐竹義重霊屋(重要文化財)
慶長4(1599)年の建築
桁行正面三間、背面一間、梁間一間、一重、切妻造、檜皮葺
附指定 宝篋印塔5基

慶長四年(一五九九)造立。五輪塔型卒塔婆を柵状にたてならべた珍らしい意匠をもつ。
(国指定文化財等データベースより)

屋根や周囲の石塔に苔が生えて、厳かな雰囲気です。
参道から少し離れた場所にあり、あまり人が入ってきません。

       

上杉謙信霊屋(重要文化財)
江戸前期の建築
桁行三間、梁間二間、一重、入母屋造、向拝一間、檜皮葺

江戸初期。木造、小規模な霊屋として典型的である。
(国指定文化財等データベースより)

奥の院に現存する霊屋の中で、一番華やかなものです。
ここも参道から離れており、訪れる人は少ないです。

      

松平秀康及び同母霊屋(重要文化財)

秀康霊屋(向かって右側)
慶長12(1607)年の建築
石造、桁行三間、梁間三間、一重、入母屋造、正面軒唐破風付
附指定 宝篋印塔5基

秀康母霊屋(向かって左側)
慶長9(1604)年の建築
石造、桁行二間、梁間三間、一重、切妻造、妻入
附指定 宝篋印塔2基、五輪塔1基

福井藩主松平家の霊屋で、慶長九年(一六〇四)及び十二年(一六〇七)に造られた。いずれも石造建築であって、珍らしい意匠をもつ。
(国指定文化財等データベースより)

いずれも越前の笏谷石で造られています。
参道沿いにありますが、基壇上は立入禁止です。

     

御供所など

   

御廟橋

ここから奥は一切の撮影が禁止されています。
したがって、奥の院経蔵(重要文化財)は撮影できません。

    






July 2010 瀧山幸伸 HD video

  

A camera

                                 


B camera
                                                      


Dec.2007 撮影:高橋久美子


奥の院
Okunoin
      




All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中