JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

和歌山県/奈良県  新宮から五條まで日本最長路線バス
Shingu Gojo bus line(longest in Japan)


Category
Rating
Comment
   General
   
 
   Nature
   
 
   Water
   
 
   Flower
 
   Culture
 
 
   Facility
 
   Food
 

JR新宮駅前。晴天である。この日は午前9時59分発の八木新宮特急バスで帰る。最前席に座りたいので、30分前に行ったが、誰も並んでいない。

          

バスは北に向かい、新宮城跡から大きくUターンして熊野速玉神社前で南転した。熊野川からドンドン離れて、神倉神社下を通る。どこから熊野川沿いの168号線に入るのと思ったら、新越路トンネルを抜けて熊野川に出た。

        

熊野川沿いの168号線を進む。

       

対岸に滝が見えた。飛雪の滝、高さ30m幅12mである。

    

さらに

        

再び対岸に滝が見えた。石張り仕上げアーチ型コンクリート橋の向こうの岩盤を伝う細い滝である。

     

山の少し上にまた滝が見えた。

   

さらに進む。すごい量の砂の堆積から急峻な岩壁。

                            

いったんバスは168号線を離れて支流の四村川から大塔川沿いを進む。水遊びの家族が見えるなと思っていたら、川に温泉が湧き出ている。川湯温泉である。そして、トンネルを越えて、くねくね走って湯の峯温泉を通過、バス停に独り旅の白人女性がいた。

                                

さらに山道を登って下ると、本宮大社前に出た。温泉を巡る大回り道だった。熊野川沿いの168号線に戻る。

       

ずんずん北上する。県境を越えて、七色高架道を進むと、右手直ぐに細いが見事な滝の下部が見えた。十二滝である。

                     

十津川(奈良県十津川村)の幅が広くなったのは、二津野ダム貯水域に入ったから。

          

十津川温泉(奈良交通十津川営業所)でトイレ休憩してから進む。

                

今戸トンネルから(地図で見ると)十津川第一発電所の横に出て再びトンネルを通り、十津川に出て左岸を進む。

               

十津川村役場のある集落

    

十津川が蛇行しているので、トンネルと橋が増える。

        

野尻水路橋(風屋ダムから十津川第一発電所への導水路)から風屋ダム

        

大和八木からのバスとすれ違い、風屋ダムの貯水域、その後、砂の堆積が目立ち始める。

                    

谷瀬の吊り橋でトイレ休憩

        

それから

          

五條市大塔町に入り、宇井大橋を越える。十津川の名前は天ノ川に変わる。高架橋の工事が進んでいる。

                     

新猿谷トンネルを越えると、川幅が広くなる。猿谷ダムの貯水域である。

            

大塔コスミックパーク星のくにから新天辻トンネル

       


トンネルを抜けると五條市西吉野町、賀名生を過ぎて、結局、JR五条駅でバスから降りた。

                       



All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中