JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

山口県山口市ほか SLやまぐち号
SL Yamaguchi,Yamaguchi city etc.,Yamaguchi

Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 Water    
 Flower
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 Food
 

Apr.10,2016 かまちまさこ movie

                                          

山口県山口市〜津和野市 

○SLやまぐちとSLやまぐち弁当(画像:0001〜0026)


○SLやまぐち号客車(画像:0027〜0042)

 1両目 展望風車輌 
 後方にデッキが備え付けられており、ラウンジのような座席もある
 2両目 欧風車輌
 オリエント急行をモデルにした車輌
 3両目 昭和車輌
 高度経済成長期をイメージした昭和の懐かしい香りの車輌
 4両目 明治車輌
 洋服にチョンマゲ姿をイメージした明治の雰囲気の車輌
 5両目 大正車輌
 天井には明り取りの窓、アメ色の床など対ぢょうロマンを味わえる車輌
 
〇転車台 (画像:0043〜0045)

客車を切り離して転車台へ走らせるには右の線路から分岐点へ、次にバックして隣の線路へ、さらに次の分岐点から転写台に続く線路に移動。そこで、転写台によって90度回転して、車庫へ向かう。





Jan.2016 蒲池眞佐子

鉄道のある風景 SLやまぐち

撮影:Nov.3,2015

撮影地:山口県山口市 新山口駅

SLやまぐち号は、1975年12月14日に日本国有鉄道での蒸気機関車による定期旅客列車の運転が終了して3年半後の1979年8月1日に運転を開始した。JR西日本が動態保存する蒸気機関車の牽引により運転されており、恒久的な蒸気機関車の動態保存列車の緒である。(wikipediaより抜粋)

SLやまぐちは山口県山口市新山口駅から津和野を62.9kmを約2時間かけて休日往復1本3月〜11月の間運行されます。12月3日には期間運行終了のイベントが新山口駅車庫にて実施されます。車庫は新山口駅の在来線口から歩いて5分ほどのところ、イベントにはSLの運転席にも入れ、JR職員による石焼き芋やうどんなども販売されますが、その風景の写真を撮り忘れてしまいました。客車は展望車風客車、欧風客車、昭和風客車、明治風客車、大正風客車に分かれ、実際の運行の予約時には希望車両に乗ることも可能です。

同じイベント会場にあるのは放射線状に線路が伸びる転車台。転車台とは運転台が1か所のみの鉄道車両の場合、進行方向へ向けなおすためのもので、円の中心に車両を止め、土台の円盤を回して進行方向を変更します。SLの方向転換には必要で、新山口駅、津和野駅にのみ現存するため、この2区間を往復するのがSLやまぐちです。

汽笛の音や走っている動画が撮れなかったのが残念です。
                    

All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中