JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

山口県柳井市 柳井
Downtown,Yanai city,Yamaguchi

Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 Water    
 Flower
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 Food
 

柳井市柳井津467 国森家住宅(山口県柳井市柳井津) 重文 近世以前/民家 江戸前期 18世紀前半 土蔵造、桁行17.0m、梁間8.5m、二階建、入母屋造、妻入、南面及び北面庇付、本瓦葺 19740205

June 23,2014 中山辰夫

山口県の南東部、室津半島の東岸から付け根に位置する。市内からは琴石山を望み、瀬戸内海国立公園の一部としての自然景観を有している。
大畠瀬戸を挟んで対岸には周防大島(屋代島)が横たわる。
1500(明応9)年に将軍を追われた足利義稙が柳井津に立ち寄っているように、柳井は中世には瀬戸内海の主要な港町であった。江戸時代は岩国吉川家(岩国領)の領地で、岩国藩の「台所=御納戸(おなんと)」と呼ばれた。明治維新後も商業都市として発展した。
現在柳井駅北側には白壁が多く見られ、「岩国吉川領の御納戸」と称された昔の繁栄が偲ばれる。
    

古市・金屋地区を中心とした一帯は、室町時代の町割りが残り、かつ江戸時代に建築された白壁の家々が立ち並ぶ国の伝統的建築物群保存地域である。
これらの家並みは、妻入り・本瓦葺・2階建て・漆喰塗り大壁造りを基本とし、「白壁の町柳井」として知られる。
マークは白壁のうろこ壁と金魚で、柳井ブランドの認証商品に使われる。
    

柳井川に掛かる本橋を渡ると白壁の通りである。
        

町家とポスター
     

■町並み資料館
国登録文化財
この建物は、柳井の有力者が資本金を出し合って設立した周防銀行本店で、1907(明治40)年に建築された。1Fは観光案内所、2Fは松島詩子記念館。
設計は長野宇平治氏の高弟佐藤節雄氏。柳井市が平成10年に寄贈を受けた。平成12年創建当時の姿に改修した。
  

■商家・国森家
国重要文化財
町筋が燃えた1768(明和5)年以後の建築。全体を土蔵造りとし、1F正面には1本引きの土戸を設けるなどの火災に対する備えが見られる。
国森家はもと手船商、反物商を営み、1803(享和3)年から手絞り灯油、鬢付け油の製造・販売を行った豪商。
       

■しらかべ学遊館
2004(平成16)年にオープンした。この建物は、江戸時代から明治初期の建築で、油・呉服・繊維卸などの商家である。平成13年に譲り受けた。
     

■商家博物館「むろやの園」
山口県指定有形民俗文化財
「むろやの園」は、小田家が油商を業としていた当時の屋号「室屋 むろや」に由来する名である。
商標
 

元禄年間(1688〜1704)創業という小田家は、中国地方有数の大油商で、天明年間(1781〜89)には50艘もの石船を有し、西は九州から五島列島、東は大阪と商取引を行い活躍した。開業時はすげ笠、打ち綿、反物を扱っていたが、次第に油へと移って行った。
南北に119m、屋敷面積2561u、建坪1500uの屋敷の外観 細長い屋敷構えをした佇まいで、創業時と殆ど変っていない。
    

屋敷内略図と模型
  

屋敷内巡り
            

■やない西蔵
大正時代末期に醤油蔵として建設された木造瓦葺平屋建、白壁土蔵造りの建物。1980年頃までは西蔵という愛称で使用されていた。
貴重な歴史的文化遺産として保存活用していくため、当時の外観、中の柱や骨組みをそのまま残し、体験工房、ギャラリー等の機能を備えた複合施設として再生された。
     

■甘露醤油資料館(佐川醤油)
独特の製法による柳井の特産品「甘露醤油」の醤油蔵の一部を、資料館として公開している。
創業以来、杉の三十石桶で醸造する伝統の製法を今尚頑なに守り続け、通常の手造り醤油の二倍の歳月と手間をかけて造られる、芳醇な香りと風味の絶品の再仕込み醤油。
           

■木地屋小路(きじやしょうじ)
金屋の商家博物館「むろやの園」の東側にある道幅1mほどの細い路地が「きじや小路」である。
かつて角地に「木地屋(きじや)」を屋号とする商家があったことから、その名が付けられた。木地屋は、貞末という柳井の代表的な木綿問屋であった。
小路には、家の出入口が見られ、白壁土蔵の続く「かけや小路」とはまた違う趣を感じさせます。
    

■かけや小路
白壁の通りにひっそりとたたずむ美しい小路は、かつてあった豪商の屋号「掛屋(かけや)」をとって「かけや小路」と名づけられた。
この小路は柳井川につづき、緑橋付近の雁木(がんぎ)と呼ばれる石段で荷揚げした産品を、表の通りに運んだ通路である。
中世に造られた石積み水路の様子もよくわかり、夏には赤手ガニが路上を散歩するため、「かにが路上を横切ります 人も車もご注意を」と可愛らしい看板もたっている。
   

■町割と、石積み水路
柳井の町割は、室町時代には作られていたといわれ、排水溝もその時期に作られたものといわれている。
かけや小路に沿う石積み水路(排水溝)は、その時代のものとされ、凹型に加工された石が敷かれている。
   

■柳井縞
  

■金魚の由来
 

≪参考≫
■小田家の旅
 
江戸時代、旅は大衆化し、特に元禄・享保期頃より民衆は盛んに物見遊山の旅に出かけた。民衆の旅は、マスメデイアの発達していない当時にあって、他所の様々な情報を人々に伝えるうえで大きな役割を果たした。江戸時代の防長地域の民衆の旅を知るうえで格好の情報を、小田家(屋号室屋)が提供する。
商都・柳井津を代表する商家の一つ、小田家は、反物・打綿等の商い、油・ 蝋・鬢付け油の生産販売、地主経営・塩田経営などで発展を遂げ、藩からも大年寄格を与えられている。
小田家に残る旅の文書によると、同家の家人の旅は十三回を数える。最も早いのは、1744(寛保4)年の旅で、これは讃岐の金毘羅参詣と京都・奈良の神社・仏閣巡りの旅で、期間は1〜2ケ月に及ぶ。旅の範囲は畿内が多いが、伊勢から長崎に及ぶ。小田家の旅は経済力の大きさを示すと共に柳井津町の繁栄ぶりも示している。
旅先は九州も多く、全行程47日間に及ぶものもあった。萩と共に長期間滞在したのが長崎で、長崎の持っていた観光地としての魅力が求心力になっていた。
小田家の家人が長崎で見た唐人屋敷・オランダ屋敷・唐人船等の様子を、持ち帰った土産物を手に話すことで、海外との限られた窓口の長崎で触れた異国の匂いを、柳井津の町に運んだともいえる。『街道の日本史、長州と萩街道より抜粋』

■国木田独歩旧宅
明治の文豪・国木田独歩は、青年時代の数年間を柳井のこの地で過ごした。この頃の体験をモデルに『少年の悲哀』や『置土産』などが描かれた。
彼が過ごした市山家は「国木田独歩記念館」に、同じく住んだ藤坂屋の三角餅は、独歩の小説置土産に登場し、柳井を代表する土産の1つとなった。
         

■藤坂家
独歩一家にとって、藤坂家は柳井最後の居住先であった。置土産の碑は同級生から贈られたもの。
   

■光台寺楼門
中国明朝様式で造られたちょっと変わった風貌の楼門。この楼門の下で手をたたくと、ワンワン・・・と反響するので、別名「ワンワン寺」とも言われ、人々に親しまれている。国木田独歩の散歩道だった。楼門右手側に「国木田独歩曽遊の地」碑が建っている。
    

■誓光寺
柳井市柳井3058−1
宗派:浄土真宗 応仁(1467〜1469)の頃開基。
江戸時代には、柳井坊主職という地位をもち、大島郡、熊毛郡、玖珂郡に33余寺の末寺末庵を抱えた。
本堂は、大寺にふさわしい規模の大きな建物で、正徳(1711〜1716)の頃の建立と伝えられる。
境内にあるヒマラヤ杉や、センダンの巨木は、柳井の名木に選ばれている。
          

■湘江庵(しょうこうあん) 「柳と井戸」 柳井の地名発祥の地
柳井市柳井3058−1
宗派:曹洞宗
般若姫の伝説が残る、柳井の地名発祥の地。ここの水を飲むと美人になれるという言い伝えもあるが、、
境内〜本堂
     

柳と井戸
今ある柳の木は五代目。泉はいまもコンコンと湧き続けている。
     

境内には多くの碑が立っている。
この湘江庵は、江戸時代、柳井の町人が集まって句会を催したり、お茶やお花や謡曲の会などが催された。いわば当時の公民館だったわけで、柳井の江戸文化発生の地ともいえるとされる。

お堂
境内の左側にある御堂
    

十一面観音と虚空蔵菩薩
中央に安置されている。平安末期の作。
    

虚空蔵菩薩
日本三大虚空蔵菩薩(こくぞうぼさつ)のうちの一体として大変有名である。
    

薬師如来坐像
   

■晋慶寺
柳井市姫田12−1
宗派:真言宗 本尊:千手観音菩薩立像 
831(天長8)年の開山で旧柳井町では最古のお寺。

1724(享保9)年の作である山門には一対の金剛力士像が仁王立ちしている。(1798・寛政10)年の作)
ご本尊の千手観音菩薩立像は、像高30cmの銅製鋳造で、大内氏が納めたといわれる。平安時代末期から鎌倉時代初期ごろの様相がうかがえる仏像で、市の文化財に指定されており、秘仏となっている。このお寺は、古くから大内氏や吉川氏の信仰が篤かった。江戸時代はこの近辺が政治の中心地だったときく。
     

愛染明王像は、真っ赤な身体で、天に向けて矢を引く容姿から天弓愛染明王といわれ、恋愛・縁結び・家庭円満などご利益があるとされ、パワースポットとしても脚光を浴びている。
    

この普慶寺の前を流れる川は姫田川(ひめだがわ)。今から約1400年前、般若姫が九州から上京の途中、ここ柳井へ上陸された時に、この川で手を洗ったことから姫田川と呼ぶようになったといわれている。

■代田八幡宮
代田八幡宮は、社伝によれば天長10年(833)の創建とあり、祭神は、応神天皇、仲哀天皇、神功天皇。
その石鳥居は、寛永16年(1639)の建立とされ、県内では古い形状を備えた鳥居とされている。石大工は、薩摩住人の木賀兵衛と刻まれており、市内伊保庄の下賀茂神社の石鳥居のほか、県内に2基(合計4基)あって市の文化財に指定されている。
      

■茶臼山古墳
国指定史跡
4世紀末から5世紀初めに造られた、全長90mの前方後円墳。1892(明治25)年に地元の少年が発見した。現在、古墳公園として整備されている。
この古墳からは、古墳出土のものとしては日本一大きい鏡(単頭双胴怪獣鏡)が発掘された。
この一帯を支配したと言われる「熊毛王」が眠る古墳で、墳丘には多くに埴輪が設置され、約1,600年前の姿が復元されている。
併設する茶臼山古墳資料館には、発掘品や、古墳の解説パネルなどを、展示している。
         

出土の大鏡
 

また、ここからの眺めはとてもよく、柳井市街地から四国までを一望できるといわれる。
    

 





May 2010 瀧山幸伸 HD video

A camera
                                   

B camera
                       


 

Dec.2003 Preview video 500Kbps High Vision

柳井は、大内、吉川の統治下に栄えた商人町である。古市、金谷地区の町割は室町時代からのもので、そのころから市が立っていた。寛文3年(1663)以降の干拓により商人の集積が進み、江戸時代には吉川岩国藩のお納戸と呼ばれ大いに賑わった。約200mの街路に江戸時代の商家建築が並ぶ。建物は主に、妻入り、入母屋、本瓦葺で、白壁が映える。この街並は昭和59年(1984)国の重要伝統的建造物群保存地区に選定された。

町のシンボル「金魚ちょうちん」は愛嬌のある顔立ちだ。幕末以降のものだが、夏祭りの宵に子供たちが持ち歩く風情が街並に調和する。

 

       



         

国森家住宅 (国重文)
18世紀後半建築の商家。油を扱っていた。

      

甘露醤油の醸造蔵
         

  

     

むろやの園
西日本でも有数の油商であった小田家の屋敷で、屋敷面積は約800坪。

        

      

   

All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中