JAPAN GEOGRAPHIC

北海道 今金町 ピリカ遺跡
Pirika iseki,Imakane town,Hokkaido

Category
Rating
Comment
  General
  
 
  Nature
  
 
  Water    
  Flower
 
  Culture
  
 
  Facility
 
  Food
 




Aug.4,2017 瀧山幸伸 source movie


ピリカ遺跡

史跡
 ピリカ遺跡は、北海道南部の渡島半島北部に位置する。半島の分水嶺にある美利河峠に近い日本海寄りの山間部、後志利別川の上流域にある。そこにピリカダムが建設されることとなり、ダム築堤用の粘土を得るために予定地周辺で土質調査を実施して発見された。遺跡は、後志利別川とピリカベツ川が合流する地点に近い眺望のよい標高150メートルほどの丘陵の北から西斜面にある。昭和58年には、ダム建設用の粘土採掘に先立って北海道教育委員会が確認調査、58・59年には、財団法人北海道埋蔵文化財センターが約1,600平方メートルを発掘調査した。その結果、遺跡の重要性が明らかになり、現状保存されることとなった。ついで昭和62・63年には、今金町教育委員会が遺跡の範囲を確認する調査を実施した。
 この遺跡では、狭い谷を挟んで西に細長く並行して伸びる二筋の丘陵上の平坦地から、より高い背後の斜面にかけて、東西1,000メートル、南北200メートルの範囲に石器が分布する。特にそれぞれの丘陵先端部には、石器が折り重なって濃密に存在している。石器は、表土下に堆積している厚さ1メートルほどの粘土層の中から三層にわたって発見され、最下層は峠下型の細石刃核と荒屋型彫刻刀形石器を特徴とし、中層からは湧別技法に類似する細石刃核と蘭越型細石刃核を特徴とする2つの石器群、上層からは有舌尖頭器・大型両面加工尖頭器と局部磨製や打製の石斧などからなる石器群と、有舌尖頭器といわゆる多面体彫器などからなる石器群が発見された。いずれも発達した石刃技法を持ち、細石刃を特色とする石器群から有舌尖頭器・大型両面加工尖頭器などの各種尖頭器への変遷を層位的に検証することができた。
 石器は合計16か所から総計11万点を数える膨大な量が出土した。石器の総数の85パーセントほどは頁岩、ついでメノウが10パーセント弱を占める。いずれも本遺跡から5キロメートルほど離れた、内浦湾側へ東流するトワルベツ川ほかの上流域から得られたものと考えられる。頁岩はふんだんに使用されたため、石器は大型に作られ、多数の接合資料も発見されている。また遺跡外に搬出し、石核や各種尖頭器などの製作に用いるために調整したと考えられる大型の両面加工石器が発見されているなど、典型的な原石産地遺跡の様相をもつ。多数の接合資料は、石器製作の工程をも良好かつ具体的に示す。
 一方で中層の蘭越型細石刃核を特徴とする石器群に伴って、この時期ではきわめて希な装身具である径4〜9ミリメートルの小玉が、2か所にまとまって計7個発見された。いずれもカンラン岩の一種、ダナイトで製作されているが、ここで使用されているダナイトは本邦では産しないため東北アジアからもたらされた可能性が指摘されている。また前述のような各種石器の他に、台石・石皿・敲石・磨石なども出土している。遺構としてはエゾマツ・グイマツ・ハイマツなどの針葉樹を焼いた炭粒のまとまりを7か所、焼けた土のまとまりを7か所発見した。いずれも大きさ数10センチメートルから5メートル弱の不整形を呈し、焚火の跡と考えられる。装身具、一般的な生活用具、焚火跡の発見は、生活の根拠地であったことも示している。
 このように本遺跡は、大規模な旧石器時代の遺跡であり、層位的な発掘例の少ない北海道において石器群の遍歴が明瞭にたどれる代表的な遺跡である。また、生活痕跡の不明瞭な旧石器時代において焚火跡あるいは典型的な石器製作跡を良好に残している。さらに、東北アジアからもたされたと推定される日本最古の小玉も注目される。これらの点で、本遺跡は日本の旧石器時代から縄文時代初頭にかけての歴史を正しく理解するために欠くことができない重要な遺跡である。よって史跡に指定し、その保存を図ろうとするものである。
(文化財データベース)

                                                                                               

メノウの産地