東京都斁EE½E½åŒºã€€ç„¡ç¸å‚
Muenzaka,Bunkyoku,Tokyo

Category
評価とコメンチE/div>
 
坂�E直線で単調E½が、旧岩崎邸の緑と石垣は風惁EE½E½ã‚ã‚‹
 
不忍�に近い

 
鴎外�E雁E¿½E主要E¿½E台
 
坂�E景観を楽し�Eスポット�Eなく、無料休�E設備もなぁEE½E½ã€ä¸å¿ï¿½の施設を利用可能、Ebr />



Apr.4,2017 柚原君孁E/a>

                 



Nov.2009 瀧山幸伸


斁EE½E½åŒºæ¹¯å³¶å››ä¸ç›®E½EE½å‚ãE北�EE½EE½ã¨å°æ±åŒºE½の端一丁目E½EE½å‚ãE南、旧岩崎邸側E½EE½é–“にあり西向きに上る坁Ebr />

始点 北緯35度42刁E7 秒 東絁E39度 46刁E5秒 標高紁E5m
終点 北緯35度42刁E1 秒 東絁E39度 45刁E55秒 標高紁E15m
坂延長 紁E50m

写真 無縁坂から不忍�を望む
 

現在の無縁坂 石垣は旧岩崎邸
            

東大医学部 鉁EE½E½è·¡

   


国土地琁EE½E½ã€€1/25000地図 

 

江戸刁EE½E½å›³ã€€(国土地琁EE½E½æ‰€è”µE½EE½Ebr />  

「御府�E備老EE½E½E½E, 「称仰院前通りより本郷筋へ往来の坂にて, 往古 坂上に無縁寺有之候に付、、」に由来するらしぁEE½E½E肝忁EE½E無縁寺の場所は不�EE½としてぁEE½E½ã€Ebr /> 「文京の坂道」によると、称仰院は講安寺開山のE½屁EE½E½ã§ã€ç„¡ç¸å¯ºã¨ç§°ã—たとぁEE½E½ã€è¬›å®‰å¯ºã¯å½“�E無縁山法界寺と称した。またこの周辺は松平備後守�E榊原・前田家など武家屋敷が多く、武縁坂、武辺坂とも呼んだ。とぁEE½E½ã“とE½が、語呂合わせ�E解釈にはめEE½E½ç„¡çEE½E½ã‚る、Ebr />

森鴎外�E『雁』�E主要な舞台となる坂であり、薄幸なヒロインお玉を中忁EE½E½ã€å½¼å¥³ãŒï¿½EぁEE½E½ç”°ã®æï¿½Eをまじえてこ�E坂を老EE½E½ã—てみたい、Ebr />

坂には長調の坂と短調の坂がある。無縁坂は周囲の雰囲気もそうE½が、この小説が寁EE½E½ã™ã‚‹ã¨ã“ろが大きく、短調の坂�E代表ではなかろぁEE½E½ã€Ebr /> 小説はまず主人公岡田の散歩コースと坂�E説明から�Eる。�E頭から短調のメロチEE½E½ãƒ¼ãŒä¸¦ã³ã€ãªã‚“とも哀愁が漂う、Ebr /> 今日の無縁坂は旧岩崎邸の整備により幾刁EE½E½ã‚ãEE½E½ã‚るが、当時ははるかに荒廁EE½E½ã¦ãEE½E½é¢¨æƒEE½E½æ„Ÿã˜ã‚‰ã‚Œã‚‹ã€Ebr /> 女主人公はこ�Eような下町風の坂�E途中の仕�E屋に屁EE½E½æ§‹ãˆã‚‹ã€‚近年までこ�E家のような雰囲気�E残ってぁEE½E½ãŒã€ä»Šï¿½E近代皁EE½E½å»ºç¯‰ç‰©ã°ã‹ã‚Šã§ã‚る、Ebr /> 無縁坂からは上野の山が見渡せた。榊原の屋敷E½EE½ç¾åœ¨ã®æ—§å²©å´Žé‚¸E½EE½E½E、官軍が大砲を据え、不忍�越しに上野の山に立てこもってぁEE½E½å½°ç¾©éšŠã‚’攻撁EE½E½ã€å®˜è»å‹åˆ©ã‚’導いた因縁E¿½E地である、Ebr /> そ�E上野の山は、E¿½E治政府が医学校である大学東校E½EE½E½Eの種痘所、現在の神田和泉町三井記念痁EE½E½E½EE½ã¨ç—EE½E½ã®ç§»è»¢å…ˆå€™è£œã¨ã—たが、オランダから招聘した医軍講師ボ�Eドワンの意見に従い公園となった、Ebr /> 大学と痁EE½E½ã¯ä»£ã‚ã‚Šã«ç¾åœ¨ã®æ±å¤§åŒ»å­¦éƒ¨ã¨ç—EE½E½ã¨ãªã£ã¦ãEE½E½å‰ç”°å®¶ã®æ•·åœ°ã«ç§»è»¢ã—たのE½が、ここに入学したのが鴎外であった�EE½から、岡田の散歩の道筋も何らか�EE½縁だろうか、Ebr />
一
---岡田の日、EE½E½ã«ã¡ã«ã¡E½EE½E½E散歩は大抵道筋が極まってぁEE½E½ã€‚寂しぁEE½E½ç¸å‚を降りて、藍染川(あぁEE½E½ã‚ãŒã‚ï¼‰ï¿½Eお歯黒�Eような水の流れ込む不忍(しのばず)�EE½の北�Eを廻って、上野の山を�Eらつく。それから松源(まつげんE½EE½ã‚E›EE½E½E½EE½ãŒã‚“なべE½EE½E½Eある庁EE½E½è·¯ã€ç‹­ãEE½E½Eˆã«ãŽï¼‰ã‚„かな仲町E½EE½ãªã‹ã¡ã‚EE½E½E½EE½ã‚’通って、湯島天神�E社冁EE½E½é€™ï¿½EE½EE½E½EぁEE½E½ã£ã¦ã€EE½E½æ°—な臭橘寺E½EE½ã‹ã‚‰ãŸã¡ã§ã‚‰ï¼‰ï¿½E角を曲がって帰る。しかし仲町を右へ折れて、無縁坂から帰ることもある。これが一つの道筋である。�Eる時は大学の中を抜けて赤門に出る。鉄門は早く鎖E½EE½ã¨ã–)されるので、患老EE½E出入E½EE½ã—めEE½E½ã«ã‚EE½E½E½EE½ã™ã‚‹é•·å±‹é–€ã‹ã‚‰é€™ï¿½Eって抜ける�Eである。後にそ�E頁EE½E長屋門が取り払われた�Eで、今春木町E½EE½E½EるきちめEE½E½E½EE½ã‹ã‚‰è¡ï¼ˆã¤E½EE½ãå½“る処E½EE½ã¨ã“ろE½EE½ã«ã‚る、あの新しい黒い門が�E来た�Eである。赤門を�Eてから本郷E½EE½ã»ã‚“ごぁEE½E½é€šã‚Šã‚’歩ぁEE½E½ã€ç²Ÿé¤EE½E½ã‚わもちE½EE½E½E曲擣E½EE½ãã‚EE½E½ã¥ãï¼‰ã‚’してぁEE½E½åº—�E前を通って、神田明神�E墁EE½Eに這�Eる。そのころまで目新しかった目金橋(めが�Eばし)へ降りて、柳原(やなぎ�Eら)�E牁EE½E町E½EE½ã‹ãŸã‹ã‚ã¾ã¡E½EE½ã‚’少し歩く。それからお成道E½EE½ãªã‚Šã¿ã¡E½EE½ã¸æˆ»ã£ã¦ã€ç‹­ãEE½E½å´ã®æ¨ªç”ºã®ã©ã‚Œã‹ã‚’ç©¿E½EE½ãEŒE‰ã£ã¦ã€çŸ¢å¼µE½EE½ã‚EEり)�E橘寺の前に出る。これが一つの道筋である。これより外�E道筋�Eめったに歩かなぁEE½E½Ebr />
---そ�Eころから無縁坂の南�Eは岩崎�E邸E½EE½ã‚E—き�EE½ã§ã‚ったが、まE½今�Eような巍、EE½E½ãŽãŽE‰ãŸã‚‹åœŸå¡€ã§å›²ã£ã¦ã¯ãªã‹ã£ãŸã€‚きたなぁEE½E½åž£ãŒç¯‰ã„てあって、苔E½EE½ã“けE‰è’¸E½EE½E½EE½EE½ã—た石と石との間から、歯朶E½EE½ã—�E½EE½ã‚E‰èœãŒè¦—いてぁEE½E½ã€‚あの石垣の上あたりは平地E½か、それとも小山のようにでもなってぁEE½E½ã‹ã€å²©å´Žï¿½E邸の中に這�Eって見たことのなぁEE½E½ã¯ã€ä»Šã§ã‚‚知らなぁEE½E½ã€ã¨ã«ã‹ãå½“時は石垣の上�E所に、EE½E½æœ¨ãŒç”ŸãˆãŸãEE½E½ç”Ÿãˆã¦ã€è‚²ã¡ãŸã„程育ってぁEE½E½ã®ãŒã€å¾€æ¥ã‹ã‚‰æ ¹ã¾ã§è¦‹ãˆã¦ãEE½E½ã€ãã®æ ¹ã«èŒ‚ってぁEE½E½è‰ã‚‚めったに苁EE½E½ã‹ï¿½EE½ã‚‰ã‚Œã‚‹ã“とがなかった、Ebr /> 坂�E北�Eはけちな家が軒を並べてぁEE½E½ã€ä¸€ç•ªä½“裁E¿½E好E½EE½ãE¿½EE½ãEEが、板塀を繞(めぐ)らした、小さぁEE½E½ã‚‚た屋、その外(ほか)�E手�Eをする男なんぞの住いであった。店�E荒物屋に烟草屋(たばこやE½EE½ä½ã—かなかった。中に往来の人の目に陁EE½E½ã®ã¯ã€è£ç¸«ã‚’教えてぁEE½E½å¥³ã®å®¶ã§ã€æ˜¼é–“�E格子窓�E冁EE½E½å¤§å‹¢ã®å¨˜ãŒé›EE½E½ã£ã¦ç‚ºäº‹ï¼ˆã—ごとE½EE½ã‚’してぁEE½E½ã€‚時候が好くて、窓を明けてぁEE½E½ã¨ãï¿½E、E¿½E、EE½E½ç”ŸãŒé€šã‚‹ã¨ã€ã„つもべちめEE½E½ã¡ã‚EE½E½ã‚“にしゃべってぁEE½E½å¨˜ï¿½Eが、皆顔を挙げて往来の方を見る。そして又話をし続けたり、笑ったりする、Ebr />

お玉と岡田との出会いも、官軍と彰義隊�E出会いのようでもあり、世界の違いが暗示される、Ebr />
---そ�E隣に一軒�E½å­æˆ¸ã‚’綺麗(きれいE½EE½ã«æ‹­ãï¿½Eれて、上がり口の叩きに、御影石E½EE½ã¿ã‹ã’ぁEE½E½E½EE½ã‚’塗り込んだ上へ、折、EE½E½æ–¹ã«é€šã£ã¦è¦‹ã‚‹ã¨ã€æ‰“水のしてある家があった。寒い時�E障子がE½めてある。暑ぁEE½E½ã¯ç«¹ç°¾E½EE½ãŸã‘す�れ)が卸してある。そして為立物師E½EE½ã—たても�Eし)�E家の賑やかな為めに、この家はぁEE½E½ã‚‚際立ってひっそりしてぁEE½E½ã‚ˆã†ã«æ€ã‚ã‚ŒãŸã€Ebr /> こ�E話の出来事�Eあった年の九月頁EE½E½å²¡ç”°ã¯éƒ·é‡Œã‹ã‚‰å¸°ã£ã¦é–“もなく、夕食後に例�E散歩に出て、加州�E御殿の古ぁEE½E½ç‰©ã«ã€ä»®ã«è§£å‰–室が置ぁEE½E½ã‚るあたりを過ぎて、E¿½Eら�Eら無縁坂を降り掛かると、E¿½E然一人の湯帰り�E女がかの為立物師の隣の、寂しぁEE½E½ã«é€™ï¿½Eる�Eを見た。もぁEE½E½å€™ãŒE½ぁEE½E秋らしくなって、人が涼みにも�Eぬ頁EE½E½ã®ã§ã€ä¸€æ™‚人通りの絶えた坂道へ岡田が通り掛かると、丁度今例�E寂しぁEE½E½ã®æ ¼å­æˆ¸ã®å‰ã¾ã§å¸°ã£ã¦ã€æˆ¸ã‚’�EけよぁEE½E½ã—てぁEE½E½å¥³ãŒã€å²¡ç”°ã®ä¸‹é§EE½E音を聞ぁEE½E½ã€E¿½EぁEE½E½æ ¼å­ã«æŽ›ã‘た手を停E½EE½ã¨ã©E½EE½ã‚ã¦ã€æŒ¯ã‚Šè¿”って岡田と顔を見合せたのである、Ebr />

お玉はどんな女性なのE½ろうか。女が男に微笑�EとぁEE½E½ã“とが意味するも�Eは明白である、Ebr />
亁Ebr /> ---結い立ての銀杏返(いちめEE½E½ãŒãˆE½EE½ã—ãE鬢E½EE½E½Eん)が蝉(せみE½EE½E½Eç¾½E½EE½E½EE½EE½E½Eように薁EE½E½ã®ã¨ã€EE½E½ã®é«˜ã„、細長ぁEE½E½ç¨ï¼ˆã‚„めEE½E½å¯‚しぁEE½E½ãŒã€ã©ã“�EE½減か額から�E½ã«æŽ›ã‘て少し扁EE½E½E½Eら)たぁEE½E½ãEE½E½æ„Ÿã˜ã‚’させるのとが目に留まった。岡田は只それE½け�E刹那E½EE½ã›ã¤ãªE½EE½E½E知覚を閲歴したと云うに過ぎなかった�Eで、無縁坂を降りてしまぁEE½EE½E½ã¯ã€ã‚‚ぁEE½E½ã®äº‹ï¿½E綺麗に忘れてぁEE½E½ã€Ebr /> しかし二日ばかり立ってから、岡田は又無縁坂の方へ向いて出掛けて、例�E格子戸の家の前近く来た時、E¿½Eき�E日の湯帰り�E女の事が、突然記�Eの底から意識�E表面に浮き�Eしたので、その家の方を一寸見た。竪E½EE½ãŸã¦E½EE½ã«ç«¹ã‚’打ち陁EE½E½ã¦ã€æ¨ªã«äºŒæ®µã°ã‹ã‚Šç´°ãå‰Šã£ãŸæœ¨ã‚’渡して、それを蔓(かずらE½EE½ã§å·»ãEE½E½è‚±æŽ›çª“(�EじかけまどE½EE½ãŒã‚る。その窓�E障子が一尺ばかり明いてぁEE½E½ã€åµã®æ®»ã‚’伏せた丁EE½E½é’(おもとE½EE½E½E鉢が見えてぁEE½E½ã€‚こんな事を、幾刁EE½E½ã®æ³¨æ„ã‚’払って見た為めに、歩調が少し緩くなって、家の真ん前に来掛かるまでに、数秒時間�E余裕を生じた、Ebr /> そして丁度真ん前に来た時に、意外にも丁EE½E½é’�E鉢の上�E、今までE½色E½EE½E½EずみぁEE½E½E½EE½E½E闁EE½E½éŽ–されてぁEE½E½èƒŒæ™¯ã‹ã‚‰ã€ç™½ãEE½E½ãŒæµ®ãï¿½Eした。しかもそ�E顔が岡田を見て微笑(ほほえ)んでぁEE½E½ã®ã§ã‚る、Ebr /> それからは岡田が散歩に出て、この家の前を通る度に、女の顔を見ぬことは殁EE½E½ç„¡ãEE½E½Ebr />
お玉は、おとなしい、細面とぁEE½E½ã“とであれば、竹乁EE½E½äºŒãŒæãç¾Žäººç”»ã®å°è±¡ãŒè¿‘い、Ebr />

竹乁EE½E½äºŒã€€
  



中国で人気�E美人とぁEE½E½ã°ç™½è›EE½E½ã§ã‚ろぁEE½E½ã‚¢ãƒ‹ãƒ¡ãƒ¼ã‚·ãƒ§ãƒ³E½画の『白蛁EE½E½ã€ï¿½E宮崎駿がアニメーションE½画製作を志した原点でもある、Ebr /> 鴎外�E小青が好みのようである。�E刁EE½E嗜好をお玉に投影してぁEE½E½ã®ã§ã¯ãªã‹ã‚ãEE½E½ã€Ebr /> 具体的にはどのような形容か。白蛁EE½E½ã«ç™»å ´ã™ã‚‹å°é’とは、渁EE½E½æ­£ã—く美しく、主人の白蛁EE½E½ä»•ãˆã‚‹é’蛁EE½E½ãEE½E½ãŸã¨ã“ろか。控え目な女性像だ、Ebr /> 白蛁EE½E½ã€å¤§ç‰©ä¸»å¤§ç¥žç¥žè©±ã€ä»Šï¿½E物語、EE½E½æœˆç‰©èªžã€å¨˜é“成寺など、蛇と美男子と女の執念にまつわる説話の一つとして『雁』をとらえると、岡田が青大封EE½E½æ²»ã‚’したことがお玉�E決意�Eきっかけとなったわけで、怖いながらも妖な雰囲気が伝わってくる、E

丁Ebr /> ---同じ虞�E新誌�E中E½EE½ãE¡E½EE½ã«ã€ä»Šä¸€ã¤å²¡ç”°ã®å¥½ããªæ–EE½がある。それ�E小青伝であった。その伝に書ぁEE½E½ã‚る女、新しい詞で形容すれば、死の天使を閾E½EE½ã—きぁE¿½EE½E½E外に征EE½E½ã›ã¦ç½®ãEE½E½ã€å¾ï¼ˆã—ず)かに脂粉�E粧E½EE½ã‚ˆããŠãEE½E½ã‚’擬E½EE½ã“らE‰ã™ã¨ã§ã‚‚云うような、美しさを性命にしてぁEE½E½ã‚�E女が、どんなにか岡田の同情を動かしたであろぁEE½E½å¥³ã¨äº‘うも�Eは岡田のためには、只美しぁEE½E½ã€E¿½Eすべき物であって、どんな墁EE½E½ã«ã‚‚安んじて、その美しさ、E¿½Eらしさを護持してぁEE½E½ãã¦ã¯ãªã‚‰ã¬ã‚ˆã†ã«æ„Ÿãœã‚‰ã‚ŒãŸã€‚それには平生香奩体(こぁEE½E½ã‚“たぁEE½E½E½E詩を読んだり、sentimentalE½EE½ã‚µãƒ³ãƒE¿½EンタルE½EE½E な、fatalistiqueE½EE½ãƒ•ã‚¡ã‚¿ãƒªã‚¹ãƒãƒƒã‚¯E½EE½E な明渁EE½E½ã¿ã‚“しん)�E所謂(いわゆる)才人の斁EE½を読んだりして、知らず識(しE½EE½ã‚‰ãšE½E間にそ�E影響を受けてぁEE½E½ç‚ºã‚ã‚‚あるE½ろう、Ebr />

お玉を妾にした悪役の高利貸、末E½はこ�Eような目でお玉を見てぁEE½E½ã€‚これも白蛁EE½E½ã¨ã®ã‚¢ãƒŠãƒ­ã‚¸ãƒ¼ãŒé¢ç™½ãEE½E½Ebr />
丁Ebr /> ---末E½はつと席を起E½EE½ãŸï¿½EE½ã£ãŸã€‚そして廊下に出て見ると、E¿½Eを屈(かが)めて、曲角�E壁EE½E½ã«èºŠèºEE½E½ã¡ã‚EE½E½ã¡ã‚EE½E½ã—てぁEE½E½çˆºãEE½E½ã‚“�E背後(うしろE½EE½ã«ã€æ€¯E½EE½ãŠãE‰ã‚ŒãŸæ§˜å­ã‚‚なく、物珍らしそぁEE½E½ã‚たりを見て立ってぁEE½E½ã®ãŒãŠçŽ‰ã§ã‚った。�Eっくりした冁EE½E½E½E、可哀らしぁEE½E½ãと思ってぁEE½E½ã«ã€ã„つの間にか細面になって、体も前より�EすらりとしてぁEE½E½ã€‚さっぱりとした銀杏返(いちめEE½E½ãŒãˆE½EE½ã—に結(いE½EE½ã£ã¦ã€ã“んな場合に人のする厚化粧なんぞはせず、殁EE½E½E½顔と云っても好E½EE½ã‚ˆï¿½EE½ãE€‚それが想像してぁEE½E½ã¨ã¯å…¨ãè¶£ãŒå¤‰ã£ã¦ãEE½E½ã€ã—かも一層美しぁEE½E½æœ«E½はそ�E姿を目に吸ぁEE½E½ã‚€ã‚ˆã†ã«è¦‹ã¦ã€å¿EE½E冁EE½E½éžå¸¸ãªæº€è¶³ã‚’覚えた、Ebr />
物語�E最後、いよいよお玉が末E½と決別して岡田に告白しよぁEE½E½ãEE½E½å ´é¢ã§ã‚るが、E¿½E然のぁEE½E½ãšã‚‰ã‹ã‚‰ã€ãŠçŽ‰ï¿½E人生�E翻弁EE½E½ã‚Œã‚‹ã€‚不忍�の雁が石に当たって死ぬことが暗示となっており、短調の旋律�Eクライマックスである、Ebr />

二十亁Ebr /> ---無縁坂を降り掛かる時、僕は「おぁEE½E½ãE‚‹ãœã€ã¨äº‘って、肘E½EE½E½Eじ)で岡田を衝いた、Ebr /> 「何が」と口には云ったが、岡田は僕�E詞�E意味を解してぁEE½E½ã®ã§ã€å·¦å´ã®æ ¼å­æˆ¸ã®ã‚る家を見た、Ebr /> 家の前にはお玉が立ってぁEE½E½ã€‚お玉�E窶E½EE½ã‚E¤E½EE½ã‚Œã¦ãEE½E½ã‚‚美しぁEE½E½ã§ã‚った。しかし若ぁEE½E½åº·ãªç¾Žäººã®å¸¸ã¨ã—て、粧E½E½EE½ã¤ãã‚Šã°ãˆï¼‰ã‚‚した。僕の目には、いつも見た時と、どこがどぁEE½E½ã£ã¦ãEE½E½ã‹ã€ã‚ã‹ã‚‰ãªã‹ã£ãŸãŒã€ã¨ã«ã‹ããEE½E½ã‚‚とまるで違った美しさであった。女の顔が照り赫ぁEE½E½ãEE½E½ã‚ˆã†ãªã®ã§ã€åƒ•ã¯ä¸€ç¨®ã®ç¾žï¿½EE½EE½ã¾ã¶ã—)さを感じた、Ebr /> お玉の目はぁEE½E½ã¨ã‚Šã¨ã—たように、岡田の顔に注がれてぁEE½E½ã€‚岡田は慌てたよぁEE½E½å¸½ã‚’取って礼をして、無意識に足の運(�Eこ�EE½EE½ã‚’早めた、Ebr /> 僕�E第三老EE½E½æœ‰å‹E½EE½ã‚りがちE½EE½ãªç„¡E½慮を以て、度、EE½E½å¾Œï¼ˆã†ã—ろE½EE½ã‚’振り向ぁEE½E½è¦‹ãŸãŒã€ãŠçŽ‰ï¿½E注視�E頗(すこ�EE½EE½ã‚‹é•·ãç¶™ç¶šã›ã‚‰ã‚Œã¦ãEE½E½ã€Ebr /> 岡田は俯向(うつむE½EE½ãï¿½減になって、早めた足の運(�Eこ�EE½EE½ã‚’緩めずに坂を降りる。僕も黙って陁EE½E½ã¦é™ã‚Šã‚‹ã€‚僕の胸の中E½EE½ãE¡E½EE½ã§ã¯ç¨®ã€EE½E感情が戦ってぁEE½E½ã€‚この感情には自刁EE½E½å²¡ç”°ã®åœ°ä½ã«ç½®ããŸãEE½E½äº‘うことが�E½èª¿ã‚’なしてぁEE½E½ã€Ebr />
物語�E結末は刁EE½E½ãEE½E½ã‚µãƒEE½E½ã®å“€æ„ã‚’帯びた曲『ジE½ノ�EチEE½E½ã€ã‚’聞きながらこ�E物語を読み、岡田の歩ぁEE½E½ã‚³ãƒ¼ã‚¹ã§ç„¡ç¸å‚を訪ねる�Eも一興か。お玉�E想ぁEE½E½èƒŒå¾Œã«æ„Ÿã˜ãªãŒã‚‰ã€Ebr />

参老EE½E½çŒ®ã€€
「�EんきめEE½E½ã®å‚道」文京区教育委員企Ebr />

アニメE½画 『白蛁EE½E½ã€E958 東E½アニメーション 


無縁坂
Muenzaka

Mar.2007 撮影E½EE½Ea href="../../reporter-yuhara-kimiko.html">柚原君孁E/a>

    


May 2003 撮影E½EE½ç€§å±±å¹¸ä¼¸ã€€Preview video 500Kbps Hi Quality