JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

福井県大野市 大野市街 
Ono downtown,Ono city,Fukui

Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 
 Water   清水湧く古都
 Flower
 
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 Food
 
 
Nov.19,2016 瀧山幸伸 movie

本願清水イトヨ生息地 天然記念物

                                                      

アラレガコ生息地 天然記念物
  







Apr.2012 野崎順次 HD video

福井県大野市
越前大野の街並

撮影日: 2012年3月30日

福井から九頭竜線で越前大野へ。今年は残雪が多い。

        

水の町として知られた大野。地下水が豊富で、湧水地が街のいたるところにある。最初に出会うのは越前大野駅の駅清水。

   

今回、歩いたルート図と市役所の裏あたり

       

朝倉義景墓所
朝倉義景は織田信長との戦いに敗れ、大野で自害した越前の戦国武将。

            

朝倉義景の墓所一帯も湧水地(義景清水)。超小型電気自動車。
     

御清水
泉町の御清水は昭和60年当時の環境庁名水百選にも選ばれた味わい豊かな水である。古くはお殿様のご用水として使われていたことから、殿様清水とも呼ばれている。夏冷たく冬温かい地下水は、さっぱりとした自然の口あたり。

                

本町通り

     

越前おおの結ステーションは、観光やまちなか遠足など市内外からの来訪者が必ず立ち寄る場所、集う場所とし、まちなか観光や商店街での買い物を始め、四季を通じたイベントや祭、郊外での観光・レジャー、エコ・グリーンツーリズムなど「越前おおの」の魅力を体感する出発駅となる場所である。

藩主隠居所
旧大野藩の建物であったと伝えられる建物で、以前は柳廼社(やなぎのやしろ)の社務所であったものを解体・移築したもの。無料休憩所として利用されている。

          

シンボルモニュメント時鐘(ときがね)
高さ約10mの木造建築で、金森長近公が晩年治めた、岐阜県美濃市にある長良川の上有知湊(こうずちみなと)の川湊灯台(かわみなととうだい)をモデルに建造されており、壁面には電波時計が4面に取り付けられており、その上にかつて消防用に使われていた実物の半鐘(はんしょう)が吊り下げられている。

   

越前おおの結楽座
時鐘の隣の木造平屋建てで、越前おおのの逸品を広く取り扱う常設の物品販売所のほか、不定期に開催する物品販売スペースがある。約40mの通路部分には、幕末の大野の歴史や観光資源等を紹介する展示、真ん中には公衆トイレがある。

      

国登録文化財 平成大野屋とその周辺
市民と観光客が共に利用しながら交流を深めてもらう施設として、市が平成11年10月に整備した。本施設には、特産品販売コーナーや郷土料理を提供するコーナー、市民及び観光客の休憩スペース、総合観光案内コーナーなどの機能が備わっている。

       

武家屋敷旧内山家
幕末期、大野藩の財政再建に大きな功績を残した家老、内山良休・隆佐兄弟を輩出した内山家の屋敷である。

                  

七間通り
越前大野の代表的な街並の一つである。朝市がよく知られている。

                                      

寺町通り
今から約400年以上前、織田信長の武将金森長近公が大野へ入封後、京の都に模して碁盤の目の町づくりをはじめた。町の東端にお寺を集めて「寺町」をつくり、そこから西に向かって、五番・四番・三番・二番・本町通りを配置した。現在、「寺町」という名は行政上ないが、南北に並んだ約20ヶ寺が、城下町大野を象徴する町並みとして親しまれている。小学生3人組みとの出会いがあった。

                                                   

越前大野駅に戻る。

          

越前大野から福井へ

                          

参考資料
大野市HP




May.2005 瀧山幸伸 Preview video 500Kbps HD(1280x720) Video FAQ

名水の町。各所に柴さくらを植栽し、大変美しい。このような街並景観の美化努力が素晴らしい。

大野城
  

御清水付近の街並
  

御清水
     

町の中心部
     

寺町
  

柴桜の里 大変美しい
          

*取材メモ
 朝倉一乗谷から到着。国道から中丁区の柴桜を発見。立ち寄ってじっくり鑑賞した。このような農村風景も楽しい。

All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中