JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

兵庫県高砂市 生石神社
Oshiko jinja,Takasago city,Hyogo


Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 
 Water    
 Flower
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 Food
 

Sep.15,2016 瀧山幸伸 movie

                                                                                                    


June 2009 野崎順次

兵庫県高砂市
日本三奇
史蹟 播磨國石乃寶殿 生石神社
(Oshiko shrine and Ishi-no-hoden、Takasago, Hyogo Pref.)

古墳時代より高砂の竜山、伊保山で産する竜山石(たつやまいし)は広く使われてきました。その採石場の中に巨石を御神体とする生石神社(おうしこじんじゃ)があります。御神体は切妻風の突起を後ろにして家を横たえたような横6.4m、高さ5.7m、奥行7.2mの巨石で、重量約500トンです。「石の宝殿」と呼ばれ、水面に浮かんでいるように見えるところから「浮石」ともいわれていますが、多くの謎につつまれ、仙台塩釜神社の塩釜、宮崎県霧島神社の天逆鉾(あまのさかほこ)と並んで日本三奇の一つに数えられています。 古墳時代の石棺説、石槨説などありますが、決定的ではなく、いつ、誰が、何のために作ったのか、どうしてこんなに高度の切り出し技術があったのか、未だに深い謎です。

JR宝殿駅より真直ぐに南西に約1.5km歩く。

             

神社下の胸を突くような石段に着く。小学生がトレーニングをしている。

     

拝殿、本殿を通る。

      

石乃宝殿を右回りで見る。

                  

拝殿に戻り、岩山に直に刻まれた階段を伝って、山上公園に向かう。 上から、石の宝殿の上部、周囲がよく分かる。

                

 

All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中