JAPAN GEOGRAPHIC

愛知県名古屋市中区 愛知県庁舎

(Aichi Prefectural Government Office, Naka-ku, Nagoya City, Aichi Pref.)

Category
Rating 凡例
Comment 
 General
 
 
 Nature
 
 Water
 
 Sound/Noise
 
 Atmosphere
 
 Flower
 
 Culture
 
 
 Facility
 

 
 Food
 


名古屋市中区三の丸3-1-2 愛知県庁舎 重文 近代/官公庁舎 昭和 昭和13(1938) 鉄骨鉄筋コンクリート造、建築面積4,665.99㎡、地上六階地下一階建、一部七階 "南自動車庫一棟 鉄筋コンクリート造、建築面積371.19㎡北自動車庫一棟 鉄筋コンクリート造、建築面積371.19㎡" 20141210


Apr.2016 酒井英樹

昭和天皇御大典の記念事業の1つとして建設された。西村好時と渡辺仁の基本設計を基に、工事顧問の佐野利器、土屋純一の指導の下、愛知県総務部営繕課が実施設計を行った。

建築費は当時の金額で300万円。頂部に名古屋城大天守に似せた屋根を乗せた帝冠様式の代表作。

鉄骨鉄筋コンクリート造、地上6階、地下1階、塔屋1階。平面形状は日の字型で、建築面積5千㎡、延床面積2万8千㎡、高さ約40mの6階(一部7階)地下1階建。

 

鉄骨鉄筋コンクリート造、建築面積4,665.99㎡、地上六階地下一階建、一部七階

 昭和時代[昭和13年(1938)]

撮影:Oct.2015

           


December 23, 2014 野崎順次 source movie

愛知県名古屋市中区三の丸三丁目一番

愛知県庁舎は平成26年12月10日に国重要文化財に指定された。

愛知県庁舎は,名古屋市庁舎の南隣に並んで建っている。現在の建物は昭和13年に竣工したもので,渡辺仁と西村好時が基本設計を行い,愛知県内務部営繕課が実施設計を行った。<br>鉄骨鉄筋コンクリート造,地上六階地下一階,一部七階建である。両側の南と北には自動車庫を配置している。外観は異なるタイル張による三層構成で,三方の中央に名古屋城大天守を思わせる破風付の入母屋造屋根を載せる。<br>愛知県庁舎は,西洋的な様式と城郭天守の意匠を融合させて地域色を現し,昭和前期の建築思潮で課題となっていた「日本趣味」の表現を達成しており,秀逸な意匠と高い歴史的価値を有している。

(国指定文化財等データベースより)

建物西側正面

               

正面玄関

        

西南から見る

      

北面

              

南面

             

附指定の北自動車庫

     

附指定の南自動車庫

     

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中