JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

愛知県名古屋市瑞穂区 山崎川散策路
(Promenades along the Yamazaki River, Mizuho-ku, Nagoya City, Aichi Pref.)

Category
Rating
Comment
 General
 
桜の名所100選、長く深くスケール感がある
 Nature
 
 Water
 
 Flower
 
春の桜をはじめ、四季の花木が植えられている。
 Culture
 
 Facility
 
 Food
 


March 31, 2018 野崎順次 source movie

山崎川の桜は、財団法人日本さくらの会から「さくらの名所100選」に認定された、全国的に有名な桜の名所です。石川橋から新瑞橋までの2.8キロメートルの両岸には約600本のソメイヨシノの並木が続き、特に木造で風情のある鼎小橋付近には、美しい花をいっぱい咲かせる老木が数多く残され、川面と相まって見所のひとつになっています。また、田辺公園付近などでは川岸まで降りることができます。桜の花が咲き誇る期間、鼎小橋付近では夜間ライトアップが行われ、投光器が照らし出す夜桜風景は大変美しく一見の価値があります。

山崎川の桜の始まり
昭和2年(1927年)に設立、昭和10年(1935年)に解散をした石川土地整理組合が、石川橋から南の山崎川両岸に桜を植えたのが始まりです。
(名古屋市瑞穂区ウェブサイトより)

地下鉄桜通線瑞穂区役所駅で降りて、「汐路桜ロード」を東に歩く。ソメイヨシノの花は散りかけで沿道に花びらたまりが目に付く。

                          

山崎川に着いた。石川大橋から右岸を少し西に歩いてから戻る。

               

石川大橋を渡り、左岸を東に進む。

                            

かなえ橋あたり

                     

鼎小橋あたり

               

右岸を萩山橋へ、対岸に田辺公園を見る。

                         

左岸を左右田橋へ

            

右岸にわたり、左岸の親水広場を見ながら、瑞穂橋へ

                

瑞穂橋から可和名橋までは左岸を歩く。

                

可和名橋から瑞穂公園の東沿いに桜通線瑞穂運動場西駅へ

          

All rights reserved 無断転用禁止 会員募集中