JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

愛媛県松野町 河後森城跡
Kagomorijo ato,Matsuno town,Ehime

Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 
 Water
 
 Flower
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 Food
 



May 17,2016

 

Jan.17,2016 瀧山幸伸 source movie

河後森城跡は、伊予と土佐の国境地帯の山間地に位置し、清流四万十川の支流の広見川に臨む、秀麗な山容の独立山塊上に占地する大規模な城郭跡である。中世に黒土郷河原淵領と呼称されたこの地域は、現在の松野町・広見町の大部分および日吉村で構成され、河後森城跡が領域の中心の地位を占めている。
 中世の四国南西地域は、南北朝期に西園寺氏の一族が伊予国宇和荘に、応仁の乱中に摂関家の一条氏が土佐国幡多荘に下向土着し、ともに戦国期に小大名化するという特殊な地域史を共有している。黒土郷河原淵領の領主の渡邊氏の出自は不明だが、暦応3年(1340)の大洲清谷寺諸旦那譲状に道後河野氏、宇和西園寺氏とともに河原淵殿一族の記載があり、このころにはすでに一定の勢力を保持していたと考えられる。
 16世紀中ごろの河後森城主の式部小輔教忠は土佐の一条氏からの入嗣であり、一条氏の勢力が西園寺氏を圧迫していたことが知られる。近世文書の「宇和旧記」によれば、渡邊教忠は西園寺15将と呼ばれた国人領主の中で、最も大身の16,500石を領したという。近世の編纂物である「清良記」の記載によれば、天文から天正期にかけてこの地域一帯では一条氏と長宗我部氏の合戦が繰り返され、天正5年(1577)には渡邊教忠も長宗我部氏に降り、家臣の芝源三郎によって河後森城主の地位を追われた。同13年、豊臣氏の四国討伐により長宗我部氏は敗れ、宇和郡は小早川領に組み入れられた。同15年ころには戸田氏、文禄3年(1594)ころには藤堂氏と頻繁に豊臣系大名が入れ替わった。宇和島城築城の際に藤堂高虎は、河後森城の天守を月見櫓として移築したと伝えている。慶長13年(1608)には富田氏、同19年には伊達秀宗が宇和島城に入った。河後森城には各大名の有力家臣が城代として配され、伊達氏以降は家中で最も大身の付家老の桑折中務が7,000石を領して河後森に居城した。
 河後森城跡は、本城の標高は171メートルで、麓との比高差は88メートルを測り、急峻な山容である。城跡は南側に開く馬蹄形の尾根線上に、東から旧小字地名でいう古城・本城・新城の各地区が展開し、その内側の風呂ヶ谷の谷部に屋敷群が存在する。古城地区は東西約180メートルの範囲で4つの郭を配し、本城との間を大堀切で切断している。本城地区は東西約180メートル、南北約200メートルの範囲に13の郭を配し、中央部に大堀切を設けている。新城地区は古城地区から南側に延びる約170メートルの屋根上に10を超える郭群を配している。いずれも南側の土佐方面の守りを意識した堅固な構えで、古城、本城、新城と城域が順次拡張されていったものと推測される。松野町教育委員会は平成3年度から発掘調査を開始し、各地区からは15世紀から16世紀にかけての貿易陶磁器・備前焼等の豊富な遺物が出土している。本城地区を中心に瓦も出土し、礎石も確認されていることから、瓦葺き建物の存在が推測される。小規模な石垣遺構も検出されており、天正13年以降に豊臣系の築城技術が一部導入された可能性が考えられる。
 河後森城跡は、予土国境の境目の城として、戦国期から江戸初期にかけて大規模城郭に発展した過程を示す遺構がきわめて良好に残っている。よって史跡に指定し、その保存を図ろうとするものである。
(文化庁データベース)

                                                                                                                                                          



Dec.2007
  


松丸の街並 
作り酒屋が落ち着いた街並を形成している

Dec.2003 瀧山幸伸  source movie

 

緩い坂を下りながら進む景観の変化が面白い
   
     

駅舎2階は「ぽっぽ温泉」
 

*取材メモ
2003年12月
夕方、宇和から松丸に入る。小さな町だが、しっとりと落ち着いている。このくらいのスケールの町は気が休まる。

All rights reserved 無断転用禁止 会員募集中