JAPAN GEOGRAPHIC

愛媛県松山市 松山城

Matsuyama castle,Matsuyama city,Ehime


July 2015 酒井英樹

 賤ヶ岳七本槍の一人、加藤嘉明が築いた平山城である。加藤嘉明は関ヶ原の役以前から伊予4郡6万石を領して松前(まさき)城に居城していた。

 戦後の論功行賞で領地が拡大し21万石を領することになった。

 嘉明は朝鮮渡海における船手の将として海城であった松前城にいたが、対外出兵の可能性がなくなり、城地も手狭なため内陸部の松山に慶長7年(1602)起工したのが松山城である。

 嘉明は会津に転封させられる寛永4年(1627)まで継続して城郭の建設を行った。

 加藤嘉明と交代して松山城主となった蒲生忠知も二の丸の邸宅を建設した。寛永12年(1635)に徳川家康の甥(異父弟の松平(久松)定勝の次男)である松平定行が封じられ嘉明が建設した5重天守を3重に改造を加えた。

 天明4年(1784)に落雷のため天守を焼失した。

<天守>

       

<一ノ門>

   

<一ノ門南櫓>

     

《一ノ門付近》

  

<二ノ門>

  

<二ノ門南櫓>

  

<三ノ門>

      

<三ノ門南櫓>

   

<仕切門>

     

<紫竹門>

   

<野原櫓>

   

<乾櫓>

 

<隠門>

   

<隠門続櫓>

  

<戸無門>

  

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中