JAPAN GEOGRAPHIC

愛媛県宇和島市 天赦園

Uwajima Tenshaen,Uwajima City,Ehime

Category
Rating 凡例
Comment 
 General
 
 
 Nature
 
 
 Water
 
 
 Flower
 
 
 Culture
 
 
 Facility

 
 Food
 

Mar.24,2021 瀧山幸伸 source movie

                                                                                                                                                            

 


January 8, 2021 野崎順次 source movie

愛媛県宇和島市天赦公園
天赦園


七代藩主、伊達宗紀(むねただ)(春山)が隠居の場所として建造した池泉廻遊式庭園。名の由来は、伊達政宗が隠居後詠んだ。
馬上に少年過ぎ?世は平にして白髪多し
残躯は天の赦す所?楽しまずして是を如何せん
という漢詩から採ったもの。 書院式茶亭である潜渕館(せんえんかん)は、大正11年、昭和天皇陛下が皇太子のころ、天赦園御成の際の御座所にあてられたこともあります。
(宇和島市観光ウェブサイトより)

国名勝 天赦園庭園 江戸初期 池泉回遊式

今本庭を一覧すると、本庭の面積は四千七百五十一坪で、その内庭園だけの面積が三千四百坪となり、大芝生地と池庭との二つに分かれている。そして芝生地には、茶亭や露地または枯山水の部分もあるが、大部分は池庭である。
池庭は回遊式となり、東部に曲線のある長い出島を設け、南へ突出させ、さらに南から北へ長い出島を作り、その前方に小島が作られている。この二つの出島と、その付近の石組はなかなかよくできているが、これは江戸末期に宗紀の改修した部分である。したがってどことなく女性的で快調であり、一種の文人調が見られる。しかし石組はこの時代の作品としてはなかなか傑出している。
池庭の大部分は寛文中の作庭で、出島付近の三尊石組手法には江戸初期のものが窺える。本園には藤の棚が多く、名木が多いのとパ竹の種類が多く、数十種を数えることができる。さすがに伊達家の作庭だけに、宇和島の誇れる名園である。
(重森三玲「日本庭園歴覧辞典、昭和49年」より)

パンフレットと現地説明板
      


庭園

                                                                                                           


Jan.23,2018 瀧山幸伸 source movie

                                                                                                                                                                                                                


May 2009 瀧山幸伸 source movie

                          

                     


Dec.2007 瀧山幸伸 source movie

  

                      

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中