JAPAN GEOGRAPHIC

英国リバプール アルバート・ドック

(Albert Dock, Liverpool, UK)

Category
Rating
Comment
 General
 
世界遺産海商都市のレンガ倉庫群
 Nature
 
 
 Water
  
 
 Flower
 
 
 Culture
 
テート美術館、ビートルズ・ストーリーなど
 Facility
 
レストラン多数
 Food
 


October 27/28, 2018 野崎順次  source movie

イギリスの世界遺産「海商都市リヴァプール」は、大英帝国の絶頂期を支えた港町リヴァプールの街区を基準とした登録物件で、その区画は6つに分けられています。2012年、再開発計画を理由に、危機遺産リストに加えられました。

ピア・ヘッド

アルバート・ドック

スタンリー・ドック保存地域

キャッスル・ストリート保存地域

ウィリアム・ブラウン・ストリート保存地域

デューク・ストリート保存地域

(世界遺産オンラインガイドより)

アルバート・ドックはピア・ヘッドの南に位置し、美術館テート・リバプール、マージーサイド海洋博物館 (Merseyside Maritime Museum) 、ビートルズ・ストーリー (The Beatles Story) などの観光名所が存在している。ジェシー・ハートリー (Jesse Hartley) によって設計され1846年に開かれたアルバート・ドックの倉庫は、木材を用いず鉄、レンガ、石だけを使った世界初の完全耐火倉庫である。 今日、ドックの建造物群や倉庫群は、イギリスの保護対象建造物群 (listed buildings) でグレード1に分類されているものの中では、最大級である。

(ウィキペディア「海商都市リヴァプール」より)

アルバート・ドックの倉庫群

東 A倉庫(アトランティック・パビリオン)

南 B倉庫(ブリタニア・パビリオン、ビートルズ・ストーリー)

西 C倉庫(ザ・コロネーズ、テート)

北 D倉庫(マージーサイド海洋博物館)

東 E倉庫(エドワード・パビリオン)

 

北西から見る。D倉庫の左に煙突のあるポンプハウス

   

リバプール市街からアルバート・ドックへ。まずはポンプハウス。

              

ドクター・マーチン・アーサー・キングビルとD倉庫

      

ピアマスターズ・ハウスあたり

              

マージー河畔

        

テートのあるC倉庫(マージ—川側)

      

今度は東側のE倉庫とA倉庫

            

テートのあるC倉庫を遠望

     

南側のB倉庫(ブリタニア・パビリオン)には、ビートルズ・ストーリー、レストラン、船具ショップ、ホテルなどがある。

                            

アルバート・ドックの北側の景観

     

リバプール博物館あたり

                          

アルバート・ドックの東側の市街にはモダンなビル、砂の造形など

          

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中