JAPAN GEOGRAPHIC

英国、リバプール リバプール大聖堂

(Liverpool Cathedral、Liverpool, UK)

Category
Rating
Comment
  General
 
英国最大級のゴシック大聖堂、高さ100m
  Nature
 
 
  Water
 
 
  Flower
 
 
  Culture
 
 
  Facility
 
 
  Food
 


October 27, 2018 野崎順次  source movie

ホープ・ストリート南の丘にそびえる、国内最大級のゴシック様式の英国国教教会寺院。1904年に建築が始められ、1978年に完成した。ロンドンのセント・ポール大聖堂の約2倍の大きさで、英国国教会の聖堂としては、ヨーロッパ最大規模を誇る。ゴシック様式の高いアーチや9700本以上のパイプを使用したオルガンなどみどころは多数。塔からは遠くウェールズの山並みが見渡せる。

(JTB海外観光ガイドウェブサイトより)

設計はジャイルズ・ギルバート・スコット(1880年ー1960年)である。23歳でリバプール大聖堂の競争設計で入選した。その後、テムズ川沿いにそびえ立つバタシー発電所やバンクサイド火力発電所 (現在のテート・モダン) を設計している。

ザ・オラトリー(小礼拝堂)と墓地

        

大聖堂外観

                       

大聖堂内部

                                                               

入り口あたり

    

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中