JAPAN GEOGRAPHIC

福岡県東峰村 宝珠山 岩屋神社

Hoshuyama Iwayajinja,Toho village,Fukuoka

Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 
 Water    
 Flower
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 Food
 


朝倉郡東峰村大字宝珠山4141 岩屋神社 本殿 重文 近世以前/神社 江戸中期 元禄11(1698) "桁行五間、梁間二間、一重、入母屋造、向拝三間、茅・杉皮重ね葺内殿 三間社見世棚造" 棟札4枚、棟札箱1口 19881219

朝倉郡東峰村大字宝珠山4141 岩屋神社 境内社熊野神社本殿 重文 近世以前/神社 江戸中期 貞享3(1686) 懸造、三間社流見世棚造、板葺棟札1枚 19881219


Dec.4,2018 瀧山幸伸 

Edited movie Download YouTube

source movie

岩屋神社

                                                                                                                                                           

熊野神社

                                                                                

奥の院へ

                                                                                                                                   

神社入口

       


Nov.28,2014 田中康平

福岡県朝倉郡東峰村宝珠山重要文化財(本殿、熊野神社本殿)重文指定年月日:1988.12.19(昭和63.12.19)

英彦山の修験場の一つとされる。本殿は江戸時代、1698年建造。御神体の宝珠石が薦に包まれて安置されている。現地説明文からは隕石のようにも思われるが調査されていない模様。

国指定文化財等データベース解説文

解説文: 岩屋神社は、修験で知られる英彦山にほど近い山中にあり、神社の周辺は古くから修験の行場となっていた。

本殿は、権現岩と称される大岩の下の窪みに建てられている。内部には、「宝珠石」と呼ばれる信仰上重要な岩があり、これに接してその奥に内殿が作られている。建物は岩窟を利用して建ち、構造に工夫がみられ、細部は時代の特徴をよくあらわしている。

境内社熊野神社は、本殿西方の岩壁の中程に懸造りで造られた簡素な社殿である。保存状況がよく当初材をよく残している。

岩屋神社本殿と境内社熊野神社本殿は、英彦山の修験に関係する、十七世紀に遡る数少ない遺構として貴重である。また、岩場の険しい環境に適合した建築形態をとっていることも注目される。                                               


Dec.2010 瀧山幸伸 source movie

A camera

                           

岩屋神社

Iwayajinja

                                              

熊野神社

Kumanojinja

                      

            

B camera

                                                               

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中