JAPAN GEOGRAPHIC

岐阜県垂井町 専精寺

Senshoji,Tarui town,Gifu

Category
Rating 凡例
Comment 
General
 
Nature
 
Water    
Sound/Noise
 
Atmosphere    
Flower
 
Culture
 
Facility

 
Food
 

June 2013 中山辰夫

不破郡垂井町1349

宗派:浄土真宗

「垂井の泉」の左後方にある。右隣は玉泉寺である。

858(天安2)年開山より幾多の受難を越えて現在に至っている。

慈覚大師が垂井町にある専精寺の前身である「天台宗 普門山善相院」を建立。当時は勅願寺であった。

その後天台宗より浄土真宗に改宗し、寺号を「普門山 専精寺」と改め、激動の時代・4回の移動を経て、現在の地に本堂が創建された。

当寺の周辺が、関ヶ原合戦に活躍した西軍の武将平塚為広の居城である、垂井城跡と云われている。

平塚為広は豊臣秀吉に仕え、1万2千石の垂井城主となった。大谷吉継と西軍に属し、伏見城の戦い、大垣城の譲渡交渉などに活躍し決戦当日には病気の吉継に変わり、太谷隊を指揮した。小早川秀秋が西軍を裏切り太谷隊へ攻めかかると、為広は大長刀を振り回し、小早川隊を再三追い返しましたが力尽き、山内の家臣樫井太兵衛に討たれた。敗軍の中、辞世の歌を大谷吉継に送っている。

≪名の為に 捨つる命は おしからじ ついにとまらぬ 浮き世と思えば≫ (垂井町教育委員会)

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中