JAPAN GEOGRAPHIC

兵庫県尼崎市 富松城跡

(Ruins of Tomatsu Castle, Amagasaki City, Hyogo Pref,)

Category
Rating
Comment
  General
 
中世平城の北西部土塁と堀跡
  Nature
 
 
  Water    
  Flower
 
  Culture
 
 
  Facility
 
  Food
 


August 14 and September 11, 2019 野崎順次 source movie

尼崎市富松町2丁目13

尼崎市史跡

富松城跡は、戦国時代の城館跡で、長享2年(1488)の史料にその名がみえます。永正4年(1507)から始まった室町幕府管領、細川氏の分裂抗争を発端とする戦乱が尼崎地域に及ぶと、西摂地域の重要拠点であった尼崎城・伊丹城・越水城(現西宮市)のほぼ中間地点に位置し、戦略上の要地である富松城は、その戦乱の主要な舞台の一つとなります。現在、城の西側の守りとして築かれた土塁の一部が、幅11メートル、高さ4メートルにわたり残されています。これまでの発掘調査では土塁の内側(東側)にあたる場所で大規模な堀が見つかっていることから、富松城は土塁と二重の堀を備え、東西150メートル以上、南北200メートル以上の規模の城館であったと推定されます。

(尼崎市ウェブサイトより)

尼崎の宝・中世の富松城跡が、いま危ない

兵庫県尼崎市の北部に位置する約 500年前の富松城跡。2001年3月、未来に引き継ぐ尼崎の宝として尼崎市発行のミレニアム遺産100選集」に掲載されています。

しかし、個人所有であるため相続問題が発生し、2001年12月に所有権が国(財務省)に移り、このままいけば「競売」の手続きがとられ、本来の文化財価値が消滅される恐れがあります。

管領家(将軍補佐役)の細川家の家督相続に将軍足利氏の相続争いがからむ、戦国時代を語る上で欠かせない歴史の生き証人・富松城跡が、いま危ないのです。

そこで、次世代の子どもたちに富松城跡を引き継ぐため、2002年1月、富松城跡を活かすまちづくり委員会(代表 善見壽男、会員110人)を発足させました。

(富松城跡を活かすまちづくり委員会ウェブサイトより)

現地説明板とGoogle 航空写真

   

北西から見る。

    

東の方へ、窪みは堀跡

      

西に戻り、南に回る。

     

南西から見る。土塁がよく分かる。

        

南から見る。

       

再び、南西から土塁の全景を見る。

 

道路を隔てた北側には小さな祠があるが、発掘調査の結果、櫓台跡の一部である。

        

 

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中