JAPAN GEOGRAPHIC

兵庫県姫路市 大手前通り

(Otemae Avenue, Himeji City, Hyogo Pref.)

Category
Rating
Comment
  General
 
 
  Nature
  
 
  Water    
  Flower
 
  Culture
 
 
  Facility
 
 
  Food
 


July 24 and August 7, 2022 野崎順次 source movie

兵庫県姫路市
大手前通りのブロンズ像
(Bronze Statues along Otemae Avenue, Himeji City, Hyogo Pref.)


大手前通り(おおてまえどおり)は、兵庫県姫路市にある、JR山陽本線姫路駅から姫路城大手門(桜門)前の姫路城前交差点に至る、全長約840m、幅員50mの道路。日本の道100選の一つに選ばれている。姫路城城下町、中曲輪・外曲輪に当たる範囲にある。
路線名は姫路市道幹第1号線、都市計画道路名は駅前幹線だが、一般にはほとんど用いられていない。
(ウィキペディア「大手前通り(姫路)」より)

1984年(昭和59年)2月から1988年(昭和63年)にかけて「大手前通り・シンボルロード整備事業」が実施され、歩道はクスノキ(県木)や「彫刻のあるまちづくり事業」としてブロンズ像が設置されました。2021年2月17日、国土交通省が新設した「歩行者利用増進道路(通称:ほこみち)」に指定。これにより、民間事業者が歩道で飲食ブースや休憩スペースを設置しやすくなりました。大手前通りは、姫路市の代表的な祭り、「お城まつりパレード(5月初旬)」、長壁神社の「ゆかたまつり(6月)」が行われ、姫路市民からも親しまれ愛されている道路です。
(「遊びにおいで姫路へ」ウェブサイト 「メインストリート 大手前通り」より)

著名な彫刻家によるハイレベルの作品が多い。ハッとするほど色っぽいのもある。

西側歩道南から北へ

帽子を被ったら歩いてみよう・黒川晃彦
        


切り株と少女・山本正道
     


若き立像85・笹戸千津子
       


聞える・山脇正邦
     

かげ・茂木弘行
      

手を頭にのせたコスチューム1974・大桐国光
        

お月さまのかお・K.SUMIKAWA
    

ニコラ・朝倉響子
         

花を持つ少女・船越保武
           

道標鳩・柳原義達
                  

姫路城天守閣
   


東の歩道を北から南へ

ブーツの少女・佐藤忠良
       

球もまた空に向かっていく・堀内正和
       

姫路城の鯱
       

裸婦座像・本郷新
      

夏帽子の少女・大桐国光
         

梟家族89・手塚登久夫
       

煌・森田やすこ
        

海・橋本裕臣
          

ブロンズアートではなく、猫顔の和服マネキン
  

想・日高頼子
        

暖流・岡本銕二
              

舞降りた愛の神話・巴邦彦
               

姫路駅前風景
     

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中