JAPAN GEOGRAPHIC

兵庫県伊丹市 昆陽寺

(koyadera Temple, Itami, Hyogo)

Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 
 Water    
 Flower
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 Food
 


January 1 and 11, 2020 野崎順次 source movie(Jan.1)  source movie(Jan.11)

兵庫県伊丹市寺本2丁目169
高野山真言宗
崑崙山 昆陽寺


昆陽寺は奈良時代の名僧、行基が建立した畿内49院の一つで、天平3年(731年)創建の昆陽施院の後身寺院。朱塗りの山門と境内の観音堂が昭和44年に、また山門内に安置されていた広目天・多聞天立像が平成10年に、それぞれ兵庫県指定文化財となっています。
(伊丹市公式ウェブサイトより)

パンフレットと現地説明板
     


県文 山門
  


本堂あたり、初参り
                          


石塔、鐘楼、弁天堂
            

県文 観音堂
           


行基堂(開山堂)
             


その他境内
               


帰途、何故か近所にアルパカがいた。
     


Jan.2100 撮影/文 野崎順次

兵庫県伊丹市寺本2−169

高野山真言宗

崑崙山 昆陽寺

撮影日: 2011年1月26日

奈良時代の名僧、行基が建立した畿内49院の一つで、天平3年(731年)創建の昆陽施院の後身寺院。

朱塗りの山門と境内の観音堂が昭和44年に、また山門内に安置されていた広目天・多聞天立像が平成10年に、それぞれ兵庫県指定文化財(以下、県文)となっている。

西国薬師四十九霊場第十九番札所。西国街道(現・国道171号)沿いに位置し、地元では「こやでら」や「行基さん」と呼ばれて親しまれている。

天平5年(733年)第45代聖武天皇の勅願寺となって伽藍が整備され、周辺を開墾、荘園化して発展した。

天正7年(1579年)荒木村重と織田信長の戦火(有岡城の戦い)で焼失したが再興され、江戸時代は遍照院・一乗院・正覚院・成就院など9ヶ寺の塔頭を有していた。

平成7年(1995年)の阪神・淡路大震災で被災した

県文 山門(江戸中期)

入母屋造本瓦葺。元々は第二門で、第一門は2km以上南方の尼崎市の富松神社付近にあった。震災で被災、解体修理を実施。

                  

本堂(薬師堂):本尊・薬師如来を祀る。震災で崩壊、2年後に再建された。瑠璃殿とも称される。

    

公爵近衛文麿閣下参拝記念樹

  

鐘堂(江戸後期)

『今昔物語集』に摂津国の小屋寺で鐘が盗まれた話がある。梵鐘は四代目で、宝暦10年(1760年)製。

     

行基堂(開山堂)

行基菩薩と脇侍である文殊菩薩・普賢菩薩を祀る。震災で被災、解体修理を実施。

      

県文 観音堂(江戸初期)

桁行三間、梁間三間、一重寄棟造正面向拝付、本瓦葺。十一面観音を祀る。震災で被災、解体修理を実施。

                        

境内の石造物、西国三十三箇所霊場石仏など

              

凱旋紀念碑 忠勇義烈頌功碑

  

四国八十八箇所霊場石仏

            

行基塚

     

鎮守堂、白長大明神、稲荷大明神など

      

参考資料

伊丹市HP

ウィキペディア「昆陽寺」

続竹林の愚人HP

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中