JAPAN GEOGRAPHIC

兵庫県伊丹市 久保家庭園

(The Garden of Kubo Residence, Itami City, Hyogo Pref.)

Category
Rating
Comment
General
 
Nature
 
Water    
Flower
 
Culture
 
Facility
 
Food
 


Jan.26, 2013 野崎順次 source movie

兵庫県伊丹市東野6−48

昭和を代表する造園学者にして作庭家、重森三玲74歳の作品である。昭和45年(1970)完成。前に立つと独特の小宇宙に迷い込んだような気がする。居並ぶ立て石と抽象画のごとく曲り踊る敷石が心をとらえる。円熟し安定した作風である。

事前にお電話でお願いして撮影させていただいた。

東野地区は100年以上前から植木造りの盛んな土地で、当主の久保武久氏も苗木造りに携わっておられた。曽祖父の久保武兵衛氏は、当時の東京市に健全な桜の台木苗15,000本を供給し、米国ワシントン、ポトマック河畔の桜並木の実現に大いに貢献された。現在でも伊丹市が誇るエピソードである。

「コ」の字に並ぶ日本家屋三棟の前の庭園である。(後で Google Earth で見ると)左棟は小さく離れのようなで、中央が主屋、右の棟の一部が茶室である。

左の棟と主屋の間に庭があるが、三玲作品ではなさそう。

主屋の前。正面は須弥山石組み。

茶室の前の展開。蓬莱山群。

茶室の奥(正面からは右奥)

参考資料

中田勝康「中田ギャラリーHP」

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中