JAPAN-GEOGRAPHIC.TV


兵庫県加古川市 報恩寺
(Hohonji Temple, Kakogawa City, Hyogo Pref.)

Category
Rating
Comment
 General
 
中世石造物の宝庫
 Nature
 
 
 Water  
 Flower
 
 
 Culture
 
 
 Facility
 Food
 


March 10, 2018 野崎順次 movie

兵庫県加古川市平荘町山角466-1
真言宗
印南山 報恩寺
(Hohonji Temple, Kakogawa City, Hyogo Pref.)

現地説明板とアプローチ

         

山門脇のくり抜き式石棺の身 

   

本堂

       

弥陀三尊種子石棺板碑 鎌倉中期 弘安七年(1284) 
竜山石、104cm×84cm×13cm

     

石仏

  

県文 十三重石塔 鎌倉後期 元応元年(1319)
花崗岩、高さ 564cm

                 

石造五重層塔 鎌倉中期
凝灰岩、高さ 102cm

        

四尊石棺仏 南北朝時代前期 文和二年(1353)
流紋岩、81cm×68cm×11cm
組合式石棺の側石に四体の阿弥陀座像を彫りだしたもの、各仏像は、線刻した蓮華座と舟形の輪郭の中に彫りだされている。抽象化、図形化が進んだ南北朝期の石仏の典型である。裏面に溝が残る。

         

県文 五輪塔4基

        

応永十年銘五輪塔 室町初期 応永十年(1403)高さ 183.5cm

   

正和五年銘五輪塔 鎌倉後期 正和五年(1316)花崗岩、高さ 184.6cm

     

無銘五輪塔 鎌倉末頃

    

貞治六年銘五輪塔 南北朝 貞治六年(1367)、流紋岩、高さ 161cm

      

その他境内

       

平之荘(へいのそう)神社
明治初年の神仏分離までは西隣の報恩寺の鎮守神だった。

     

小さな祠の台に転用された家形石棺の蓋、103cm×84cm×23cm、内側のくり抜きは埋められている。

      

市文 種子石棺板碑
左側の板碑は69cm×62cm×12cm、弥陀三尊の種子を薬研彫り、弘安元年(1278)の銘がある。右側の板碑は70cm×62cm×12cm、釈迦三尊の種子を彫る。二つともほぼ同じ大きさであることから、同じ組合せ式石棺の石材から、同時期に造立されたと考えられている。

           

参考資料
現地説明板
大和國古墳墓取調室ウェブサイト
加古川市の石棺仏と石造物ウェブサイト




All rights reserved 無断転用禁止 通信員募集中