JAPAN GEOGRAPHIC

兵庫県加西市 住吉神社

(Sumiyoshijinja Shrine, Kasai City, Hyogo)

Category
Rating
Comment
General
 
Nature
 
Water    
Flower
 
Culture
 
Facility
 
Food
 


Aug.2011 野崎順次

兵庫県加西市北条町北条1318

撮影日: 2011年8月20日

主祭神 酒見神・底筒男命・中筒男命・表筒男命・神功皇后

黒駒村で創建され、養老元年(717年)に現在地に遷し奉られた。大阪の住吉大社らに伝わる「住吉大社神代記」〔天平3年(731年)〕に記された住吉大神の宮九箇処の一社である。 古くは酒見大明神と呼ばれており、明治時代に県社に列格された際に現在の神社名に改められた。

社殿は平治の乱〔平治元年(1159年)〕や天正年間(1573年 - 1592年)の兵火など幾度もの焼失と再建を経て荒廃していたところ、江戸時代初期に姫路城主の池田輝政により復興された。 現在の本社三殿は嘉永4年(1851年)に再建されたものである。 境内中央には勅使塚が遺されており、現在は「鶏合わせ」や「龍王舞」など神事の場として使われる。

本社三殿(切妻造妻入)、幣殿、拝殿、玉垣が国の登録有形文化財に指定されている。

中央から鳥居をくぐり、勅使塚の向こうに拝殿を見る。

東に隣接する酒見寺から石橋を渡って近づく。東本殿が見える。

西側から西本殿を見る。

北側に回り込んで本社三殿を見る。

摂社など

参考資料

ウィキペディア「住吉神社」

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中