JAPAN GEOGRAPHIC

兵庫県加西市 玉丘史跡公園
(Kasai Tamaoka Historic Park, Kasai City, Hyogo)

Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 
 Water    
 Flower
 
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 Food
 


Feb.24,2017 瀧山幸伸 source movie

                              

                

    

        

埋蔵文化財資料館
                                               

マンジュウ塚古墳
   


Aug.2011 野崎順次

兵庫県加西市玉丘町76

撮影日: 2011年8月27日

玉丘史跡公園内には、根日女の物語の舞台となった5世紀前半造立の玉丘古墳をはじめ、移築復元された1基の愛染古墳をふくめて合計7基の古墳が残されています。古墳群は前方後円墳、帆立貝式古墳、円墳、横穴式石室墳などバラエティに富み、気軽に見学することができます。当史跡公園を含む玉丘古墳群は国の史跡に指定されています。

玉丘古墳
全長約109m、前方部幅約54m、後円部径約64mの兵庫県下6番目の規模をもつ古墳時代中期の前方後円墳です。墳丘は、3段築成からなります。後円部中央には、盗掘穴があき、穴底に凝灰岩製の長持ち形石棺材が残っています。墳丘くびれ部の一方には、造出し部が確認でき、凝灰岩の葺石が残っています。墳丘周囲には、幅約20mの周濠が巡り、外堤には円筒埴輪が樹立していたようです。出土遺物には、家形・鶏形埴輪のほか多数の円筒埴輪が出土しています。

                    

クワンス塚古墳
玉丘古墳の西約170mに位置する径約35mの古墳時代中期の円墳です。墳丘には、方形の造出し部が付き、墳丘は2段の盛土からなります。墳頂及びテラスには、円筒埴輪等の埴輪が巡り、斜面及び墳丘裾に凝灰岩の石材を用いた葺石が残っています。墳頂には、割竹形木棺を納めたと考えられる竪穴式石槨が残っていますが、同施設の石材が多数抜き去られ大半の副葬品も、その時になくなったものと考えられます。 副葬品には、三角板革綴じ短甲・剣・直刀・鉾等の武具、斧等の農工具があります。造出し部からは、鶏形埴輪等の形象埴輪、土器類の他に杵形・突起付棒形・棒形・円盤形・籠目形等の土製品が出土しています。

  

陪塚第1号墳
陪塚第1号墳は、径約25mの円墳と考えられていますが、東側の方丘部とをあわせて前方後円墳とする説もあります。墳丘中央には、盗掘穴があいています。周濠は、改変が著しく、墳丘裾には葺石がかろうじて残っています。

    

愛染古墳
径約18mの古墳時代後期の円墳で、加西市佐谷町字上天寺から当公園内に移築復元されました。無袖式横穴式石室・組合せ式家型石棺があり、須恵器が出土しています。

       

参考資料
玉丘史跡公園HP

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中