JAPAN GEOGRAPHIC

兵庫県神戸市 灘区 六甲高山植物園

Kobe Nadaku Rokko mountain botanic garden

Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 
 Water
 
 
 Flower
 
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 Food
 

November 20, 2021 野崎順次  source movie

兵庫県神戸市灘区六甲山町
六甲高山植物園

表六甲からケーブルカーで上り、高山植物園に行った。紅葉鑑賞が当初の主目的であったが、ちょうど、六甲ミーツ・アート芸術散歩2021が開催中で、楽しみが二重になった。

六甲山観光と芸術散歩のパンフレット
         


六甲ケーブル下駅から六甲山上駅へ
                               


すぐ横の見晴らし台「天覧台」

    

六甲ミーツ・アート 芸術散歩2021
02 清水千晶「キオクノカナタヘ」
   


下界を見下ろす。
       


六甲山上バスで移動する。「次、止まります。」の英文表示が「It stops.」とはしらじらしい翻訳である。
      


六甲高山植物園

パンフレットと現地説明板
       


東入口から入る。
         


ガラス室
                       


小便小僧
  


湿生植物区を見ながら少し上に

     

六甲ミーツ・アート 芸術散歩2021
18 穂波梅太郎「僕の話」
        


戻って下ると、
  

六甲ミーツ・アート 芸術散歩2021
17 前野めり「Days」
       


湿生植物区を行く。
                    


六甲ミーツ・アート 芸術散歩2021
16 長井朋子「小さな家」
        


六甲ミーツ・アート 芸術散歩2021
32 松陰中学校・高等学校美術部「愛をこめてひょうたんを-鏡瓢水月」
          


プリンスブリッジ
   


さらに奥へ
   


ショップアルピコラ・映像館
         


六甲ミーツ・アート 芸術散歩2021
14 長井朋子 
      


六甲ミーツ・アート 芸術散歩2021
13 キリコ「mother’s murmur」
       


ここらは西入口近くの湿性植物区、来た時とは反対(北)側の道を東へ戻る。ひょうたんやプリンスブリッジを過ぎる。
                      


ロックガーデン、高山の岩場を再現し、できるだけ自然に近い状態で高山植物が鑑賞できる。
            


東入口に戻る。
      



Apr.2010 撮影:中山辰夫

灘区六甲山町六甲4512−150

六甲山頂付近、海抜865mにある植物園である。年間平均気温9℃という気候条件。

世界の高山植物や寒冷地植物、六甲山自生植物、山野草など約1500種を植栽している。

それぞれの植物を自然に近い状態の環境で栽培している。

訪れるなら春から8月頃までがおすすめとのこと。

       

高山の岩場を再現したロックガーデンは、できるだけ自然に近い状態で高山植物が鑑賞できるように工夫されており、六甲山という大都市近郊の山で、手軽にアルプスの高山植物に出会える。

開設は昭和8年(1933)、植物学者・牧野富太郎博士の指導による。

高山植物園としては我が国では最も長い歴史を誇り、その歴史の中には天皇家で三代が行啓されるなど、由緒ある植物園としても知られている。

                 

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中