JAPAN GEOGRAPHIC

兵庫県神戸市中央区 相楽園
Sorakuen,Chuoku,Kobe city,Hyogo


Category
Rating
Comment
General
 
Nature
池泉式回遊庭園
Water  
Flower
 
Culture
重文建造物3棟茶室
Facility
 
Food
 



神戸市中央区中山手通5-3-1相楽園内 旧ハッサム住宅(旧所在 兵庫県神戸市生田区北野町) 重文 近代/住居 明治 明治35(1902)頃 木造、建築面積173.6u、二階建、桟瓦葺 附属屋1棟、倉庫1棟、門1棟 19610607
神戸市中央区中山手通5-3-1相楽園内 旧小寺家厩舎(兵庫県神戸市生田区中山手通) 重文 近代/住居 明治 明治40(1907)頃 煉瓦造、建築面積188.1u、二階建、一部吹抜、塔屋付、スレート葺 作業場1所、設計図66枚、予算書及び工事仕様書1冊 19700617
神戸市中央区中山手通5-3-1相楽園内 船屋形 重文 近世以前/その他 江戸中期 "天和2-宝永元(1682-1704)" 桁行五間、梁間一間、一重二階、切妻造段違、檜皮葺 19530829
May 2, 2015 野崎順次 source movie

兵庫県神戸市中央区
神戸市立 相楽園

神戸市の都市公園で唯一の日本庭園である相楽園では、ドウダンツツジ、キリシマツツジなど約4000株のツツジが見頃を迎えます。園内では「つつじ遊山」と題し、さまざまな音楽イベント、お茶席の開催、和菓子の販売、園内の重要文化財『旧ハッサム住宅』の公開などが行われます。春のひと時、鮮やかに日本庭園を彩るツツジを愛でながら、都心とは思えない心和む園内でゆったりとした時間をおすごしください。
(FeelKOBE website より)

正門入り口から蘇鉄園、旧小寺家厩舎(重文)

旧ハッサム住宅(国重文)前では春の山野草展

池泉回遊式日本庭園、この季節は何といってもツツジ

船屋形(国重文)から浣心亭

芝生広場




Mar.9, 2013 野崎順次 source movie



Aug. 2009 撮影/文 野崎順次

兵庫県神戸市中央区中山手通5−3−1
国登録記念物(名勝地)
神戸市立 相楽園
(Kobe Municipal Sorakuen Garden, Kobe)

相楽園は、元神戸市長 小寺謙吉氏の先代小寺泰次郎氏の本邸に営まれた庭園で、明治18年頃から築造に着手され、明治末期に完成したものです。
昭和16年以降神戸市の所有となり、中国の古書『易経』の一節にある「和悦相楽(わしてよろこびあいたのしむ)」からとって「相楽園」と名付けられ、一般に公開されるようになりました。
なお、平成17年11月に相楽園が国の登録記念物(名勝地)に登録されました。
19,566uの敷地の中にある庭園は、池泉回遊式(ちせんかいゆうしき)日本庭園で、飛石や石橋を渡り、流れや滝など深山幽谷(しんざんゆうこく)の景を見ることができます。
蘇鉄園(そてつえん)や樹齢500年と伝えられる大クスノキ、春に咲くツツジの花やモミジの紅葉も見事です。
また、重厚な正門と欧風建築の旧小寺家厩舎(重文)、保存のために移築された船屋形(重文)、旧ハッサム住宅(重文)のほか、茶室浣心亭(かんしんてい)が庭園の景観と調和しています。

壮大な正門と塀に続く蘇鉄園、大クスノキ

重要文化財 旧小寺家厩舎

重要文化財 旧ハッサム住宅

池泉回遊式日本庭園へ

重要文化財 船屋形

池泉回遊式日本庭園と浣心亭(茶室)


 

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中