JAPAN GEOGRAPHIC


茨城県常総市 坂野家
Sakanoke,Joso city,Ibaraki


Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 
 Water
 
 
 Flower
 
 
 Culture
 

 

 Facility
 
 Food
 



常総市大生郷町2037 坂野家住宅(茨城県水海道市大生郷町) 主屋 重文 近世以前/民家 江戸中期 "江戸中期(居室部)江戸後期(座敷部)" "居室部 桁行18.5m、梁間14.3m、東面突出部 桁行7.8m、梁間8.4m、寄棟造、縁側附属座敷部 桁行10.7m、梁間7.0m、南端寄棟造、北端主屋に接続、玄関入母屋造、便所附属、総茅葺" 19680425
常総市大生郷町2037 坂野家住宅(茨城県水海道市大生郷町) 表門 重文 近世以前/民家 江戸後期 江戸後期 薬医門、切妻造、茅葺 塀2棟 19680425

Feb.06,2016 川村由幸 source movie

茨城県常総市大生郷町

                                                                              



Mar.30,2013 瀧山幸伸 source movie

  

A camera

周囲
            

                         

                                 

書院(月波楼)
                                                      

外部
                                                           


B camera
                                        

                                                                 

                                              




Dec.8.2012 川村由幸 source movie

所在地:茨城県常総市大生郷町

なんとも姿の良い古民家です。豪農の館として18世紀半ばに建築され、平成17年12月までの解体修理で現在の姿となっています。
もちろん、国の重要文化財に指定されています。
曲がり屋のように家が直角に曲がっています。
居室を増築してこのような形になったようですが、それが造形美を高める効果となっています。

                                                                                      




Dec.2009 撮影/文:瀧山幸伸source movie

   

    

                                                          

       

               

   

                      



Apr.2007 撮影: 川村由幸

       




Oct.2005 撮影/文:瀧山幸伸  source movie


坂野家は、当地に土着して500年ほどになる惣名主。
江戸時代中頃、飯沼の新田開発で繁栄した。住居の原型はこの頃に作られ、土間の拡張や屋敷部の増築を経て今の姿になっている。大型住居の発展過程を知ることができる数少ない遺例として、主屋と表門が国の重要文化財に指定されている。
表門(薬医門)は、本来、武家屋敷に設けられることから、当時の坂野家の格式の高さがうかがえる。
 常総市では平成10年に建物と屋敷地を譲り受け、歴史的建造物を、それを取り巻く風景ごと保存する「水海道風土博物館」として整備した。
屋敷構えや門前の庭園など、明治23年(1890)に描かれた銅版画に近い姿が復元されている。
 この屋敷、竹薮と雑木林、薬医門、主屋を活かして、数々のロケが行われた。蝉しぐれ、御宿かわせみ、柳生十兵衛など、美しい映像を見ればこの文化財の素晴らしさが納得できるだろう。

 

  





               
           

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中