JAPAN GEOGRAPHIC

岩手県平泉町 中尊寺

Chusoniji,Hiraizumi town,Iwate 


September 15, 2018 野崎順次 source movie

岩手県西磐井郡平泉町

天台宗東北大本山

関山 中尊寺

奥州三十三観音番外札所。本尊は釈迦如来。寺伝では円仁の開山とされる。実質的な開基は藤原清衡。 奥州藤原氏三代ゆかりの寺として著名であり、平安時代の美術、工芸、建築の粋を集めた金色堂を始め、多くの文化財を有する。 境内は「中尊寺境内」として国の特別史跡に指定されている。2011年(平成23年)6月26日、「平泉—仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群—」の構成資産の一つとして世界遺産に登録された。

(ウィキペディア「中尊寺」より)

パンフレットと現地説明板

        

参道入口前の弁慶の墓

    

参道をひたすら進み、金色堂から諸堂を拝観して戻ることにした。

                     

金色堂あたり

             

国重文 経蔵

        

関山天満宮など

9     

国重文 旧覆堂

             

大長寿院

           

天然記念物モミなど

       

国重文 白山神社能舞台

                      

辨財天堂

         

阿弥陀堂

       

鐘楼と梵鐘(県文)

6        

大日堂

             

峯薬師堂

           

国重文 願成就院宝塔 平安後期、高さ125.7cm

          

不動堂

        

本堂 明治四十二年(1909)再建

                                       

願成就院観音堂

        

薬師堂

    

地蔵堂

        

東物見台

北から流れる大河、北上川とそれに西から加わる衣川、そして北に広がる平野が見渡せます。 平野は経清公と阿部氏が守ろうとした奥六郡の地で、対岸には北上山地の山並み束稲山です。(平泉観光ネットより)

                 

弁慶堂

                

八幡堂

        



All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中