JAPAN GEOGRAPHIC

香川県丸亀市 丸亀市立資料館

(Marugame City History and Folklore Museum, Marugame City, Kagawa Pref.)

Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 
 Water
 
 
 Flower
 
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 Food
 


December 12, 2020 野崎順次  source movie

香川県丸亀市一番丁(城内)


丸亀市の歴史および民俗資料を収集、収蔵、展示紹介する資料館として1972年に開館した。開館から1991年(平成3年)に移転するまで丸亀市立図書館が併設されていた。丸亀城城郭内、天守の西にある資料館で、本館と付属の民具展示場で構成される。藩政時代の丸亀城と京極氏に関する資料のほか、美術工芸品や民具など20000点以上を所蔵、数百点を常設展示する。年に数回、企画展が開催される。
(ウィキペディア「丸亀市立資料館」より)

パンフレット
   


建物外観
       


1階展示

市文 和泉屋敷層塔(二基)鎌倉 応長元年(1311)
和泉氏の供養塔とされている。和泉氏は鎌倉時代に九条家の地頭として、周辺の荘園を管理していたとされている。
二基とも基壇から八層まで残存し、一層分と相輪が欠損している。高さは北塔が236.9cm、南塔が241.1cmを測る。
いずれも凝灰角礫岩(天霧石)製である。各部材の規模・形状が非常に近似しているため、一括して記述する。基壇上に基礎をおく。いずれも側面は素面で内部は空洞である。初
層軸(塔身)は正面には月輪内梵字、左側面に銘文、背面に紀年銘などが刻まれる。屋根は、軒がやや厚く軒口は垂直に切る。最上層の屋根が残存している。相輪は欠損しており別部材の石造物が現状で乗っている。
香川の在地層塔で紀年銘が刻まれているものは、白峯寺層塔と本塔しかない。また、各部材の形状が比較的保たれているため、絶対年代を推測する基準資料といえる。
(日本石造物辞典編集委員会「日本石造物辞典、2012」より)
       

咸臨丸模型
     


                


2階展示は撮影禁止

外部展示、玄関回り
       


芝生広場石造物
                  


民具展示場、住の道具
        


食の道具
       


運搬の道具
      


うちわづくり
        


事務局用

 

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中