JAPAN GEOGRAPHIC

香川県高松市 一宮寺 83番札所

Ichinomiyaji 83ban fudasho,Takamatsu city,kagawa

Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 
 Water
 
 Flower
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 Food
 

December 5, 2020 野崎順次 source movie

 

香川県高松市一宮町607
真言宗御室派
神毫山 大宝院 一宮寺
(Ichinomiyaji, Takamatsu City, Kagawa Pref.)

四国八十八番箇所霊場第八十三番札所

創建は、わが国に仏教が伝来して約160年後という歴史を誇ります。開基は、奈良仏教の興隆の礎を築いた義淵僧正で、当時は大宝院と呼ばれ、南都仏教の一つ法相宗の普及をはじめ、行基菩薩、良弁僧正らを輩出。和同年間、諸国に一宮寺が建立の際、行基菩薩が堂宇を修復し、神毫山一宮寺に改名されました。また大同年間、弘法大師が訪れ約106cmの"聖観音" 聖観世音菩薩を彫造し、伽藍の再興にあたり、この時に真言宗に改宗されました。
この寺も同じく、天正の兵火により灰燼に帰しましたが、中興の祖とされる宥勢大徳によって再興されました。また江戸時代に高松藩主により田村神社の別当を解かれました。神仏分離の200年も前の出来事です。
(「四国八十八ヶ所霊場会」ウェブサイトより)

アプローチ、琴電一宮駅から徒歩10分くらい。一宮寺の西の山門へ
            


境内に入り、枯山水庭、護摩堂、大師堂、本堂
                 


一宮寺石塔群
(以下の説明は、日本石造物辞典編集委員会「日本石造物辞典、2012」より引用編集)
本堂南側の基壇上にある一宮御陵とよばれる三基の石塔と、境内南東、鐘楼脇にある池の中島にある一基の宝塔が主要なものである。一宮御陵のうち、右塔が宝塔としてほぼ完存しているほかは、寄せ集め塔である。石材はいずれも在地の白色凝灰岩(火山石系)である。宝塔塔身は三基とも形態が異なっており、火山石系宝塔の個性が容易に把握できる。宝塔は、紀年銘および形態的特徴から鎌倉時代後期ころと推測する。層塔は本来五重層塔であったと推測される。火山石系層塔は、二〇基ほどが確認されているが、大部分が鎌倉時代後期から末のものである。一宮寺層塔はこれらより古い要素が指摘でき、鎌倉時代前期から中期前半ころと推測できる。このように一宮寺石塔群は、火山石系石造物の中でも初期段階に位置付けられる。一宮御陵石塔は、孝霊天皇、百襲姫、彦五十狭金芹沢命の三神の供養塔とされる伝承がある。
      


一宮御陵右塔は宝塔である。塔身・屋根・相輪が揃っている。
     


中央塔は、下から順に宝塔塔身、層塔屋根(五層)が重ねられている。塔身は、軸部上半が最大径となり下半がすぼまった円筒形を呈する。正面は長方形状に枠が一段彫りくぼめられている。枠の左下側には銘文が刻まれている。層塔屋根は、軒はやや薄めで反りは直線的である。
      


左塔は、下側から順に五輪塔水輪・宝塔屋根・五輪塔火輪・宝塔屋根が重ねられている。水輪には銘文が刻まれている。右塔は宝塔である。塔身・屋根・相輪が揃っている。
     


鐘楼脇にある池の中島に単独で据えられている一基の宝塔は、塔身・屋根が残存している。
      


枯池は庭園の一部である。
       


地獄の釜
この寺の本堂左手には薬師如来が祀られる小さな祠があります。これは「地獄の釜」と呼ばれ、祠に頭を入れると境地が開けるという言い伝えがあります。一方、悪いことをしていると頭が抜けなくなると言われます。昔、近所で暮らす意地の悪いおタネばあさんは、「そんなことはない、試してみよう」を頭に入れると、扉が閉まり、ゴーという地獄の釜の音が聞こえ頭は抜けなくなりました。怖くなったおタネさんは、今までの悪事を謝りました。すると頭はすっと抜けました。それからおタネさんは心を入れ替え、親切になり、元気に長生きしたそうです。
(「四国八十八ヶ所霊場会」ウェブサイトより)
       


その他境内
                


鐘楼と仁王門
       


仁王門外側
           


帰途
      


May 13,2016 瀧山幸伸 source movie

                                  


Dec.2007 瀧山幸伸 source movie

       

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中