JAPAN GEOGRAPHIC

香川県善通寺市 曼荼羅寺 72番札所

Mandaraji 72ban fudasho ,Zentsuji city,Kagawa

Category
Rating 凡例
Comment 
  General
 
 
  Nature
 
 
  Water
 
  Flower
 
  Culture
 
 
  Facility

 
  Food
 


July 15, 2019 野崎順次 source movie

香川県善通寺市吉原町1380−1

真言宗 善通寺派

我拝師山 曼荼羅寺

寺伝によれば、空海(弘法大師)の出身氏族である佐伯氏の氏寺として推古天皇4年(596年)に創建され、当初は世坂寺(よさかじ)と称したという。空海が唐より帰国後、請来した両界曼荼羅を奉納し、大日如来を本尊として安置し再興、母(伝承では玉依御前)の菩提寺とし、曼荼羅寺と改称したと伝える。 鎌倉時代には、後堀河天皇から寺領を給わるほど栄えた。しかし、永禄3年(1560年)阿波の三好実休によるの兵火で焼亡、さらに、慶長年間(1596〜1615年)に戦火を受けたが復興している。空海の手植えとされた「笠松(不老松)」は、平成14年に松くい虫による被害で伐採された。

(ウィキペディア「曼荼羅寺(善通寺派)」より)

曼陀羅寺庭園 江戸時代初期 枯山水

さて本堤は書院の前庭で、面積は約百二十坪前後の庭で、正方形の地割に近く、枯山水となっているが、この枯山水は、別に築山など作らずに一種の平庭式の枯山水であり、その一部に曲水式の枯流を付してある。作庭年代は江戸初期末年の元禄を前後するものと考えれるが、このような平庭式の枯山水は、やがて江戸中期に出てくる平庭の先駆となるものであり、どことなく全体の作風が優雅であるが、少々弱くなっている。

したがって本庭の石組は巨石を用いることなく、やや小石を配してあるが、しかしその石組は軽快ながら相当に強い石組であり、寛永期の手法さえ見せているほどである。

そして本庭には曲水式の枯流を用いてあって、枯山水としては異色のあるものであり、作者が相当創作的な人であったことが考えられるが、それは同時に、藩主生駒氏の趣味性がなんとなく影響しているのであろう。したがってこの地方の庭園としては、一応注意しなければならない庭園である。

(重森三玲「日本庭園歴覧辞典、昭和49年」曼陀羅寺庭園より)

重森三玲さんの日本庭園便覧辞典にここの庭園(上記参照)が出ているので、遠路はるばるやってきたが、非公開だった。仕方なく、山門のユーモラスな仁王さん、境内の様子、池の亀、近くの水田の生物たちを撮影した。

山門

     

仁王像(阿)

             

仁王像(吽)

        

境内を本堂の方へ

       

大師堂、鐘楼、石柱、本堂、観音堂

       

県文 木造聖観音立像 平安時代後期

     

その他境内

        

周辺の自然、水田のオタマジャクシ、シオカラトンボ、スクミリンゴガイの卵

        


Jan.22,2016 瀧山幸伸

                               


Dec.2007 瀧山幸伸 source movie

           


事務局用

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中