JAPAN GEOGRAPHIC

神奈川県鎌倉市 伝上杉憲方墓

(Reputed Grave of Uesugi Norikata, Kamakura City, Kanagawa Pref.)

Category
Rating
Comment
  General
 
国史跡、鎌倉時代の石造層塔
  Nature
 
 
  Water
 
  Flower
 
  Culture
 
 
  Facility
 
  Food
 


February 22, 2020 野崎順次 source movie

 

神奈川県鎌倉市極楽寺1-2-7


この場所はかつて西芳寺と呼ばれる寺院の一角であった。極楽寺切通の出入り口付近の斜面を人工的に削り、方形に造り出した空間に石塔が建ち並んでいる。上杉憲方の墓と伝えられる安山岩製七重層塔1基を中心に、その妻の墓塔と伝えられる凝灰岩製層塔1基と、凝灰岩製五輪塔4基、その他五輪塔の残欠が散在する。
七重層塔の現存高は約290cmで、相輪の町歩を書いているが、全体的な残存状況は良好である。塔身に浮き彫りされた金剛界四仏の様相や、均整の取れた塔党全体の形から、13世紀前半頃のものと推定される。
上杉憲方(1335 - 94)は山内上杉家の祖であり、武蔵国・安房国などの守護や鎌倉公方を補佐した関東管領を務めた。山ノ内に所在する明月院の開基としても知られる。この七重層塔を上杉憲方の墓とするには年代が合わないが、彼の墓が極楽寺にあると伝えられ、また、この付近に永和5年(1379)銘の彼の逆修塔(生前供養のための塔)も存在することから、この地が彼の墓所であるとの伝承が残されている。
(現地説明板)
 


墓域全体
      


上杉憲方の墓と伝えられる七重層塔
            


その妻の墓と伝えられる層塔
     

 

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中