JAPAN GEOGRAPHIC

神奈川県小田原市 内野邸

(Uchino Residence and Soy-sauce Factory, Odawara City, Kanagawa Pref.)

Category
Rating
Comment
 General
 
土蔵造り、高度の職人芸によるインテリアや調度
 Nature
 
 
 Water
 
 Flower
 
 Culture
 
 座敷や茶室の品
 Facility
 醤油工場跡が残る
 Food
 


July 23, 2016 野崎順次 source movie

神奈川県小田原市板橋602

神奈川県小田原市には明治時代に創業した、「武功醤油(ブコー)」の製造工場跡と創業者の邸宅「内野邸」が保存されています。昭和55年に醤油醸造を廃止してから最近まで住居としても使っていた「内野邸」は、小田原市板橋地区でも一段と目を引く建築物です。

神奈川県小田原市板橋地区には様々な古民家が残されていますが、一段と目を引くのが「内野邸」です。土蔵造りの町屋形式に大きな倉構えと石造りのアーチ玄関など、明治時代に流行した建築様式を色濃く残しています。

「内野邸」は醤油問屋として1903年(明治36年)に建築され、「武功醤油」として醸造を続けていましたが、昭和55年に廃業してからも内野家が住み続けていたものです。建築当時は住居兼店舗、文庫蔵、穀蔵、さらにトロッコ用のレールまで敷設されていました。

歴史的古民家ながらいまだ生活感が感じられるのも、つい最近まで内野家がここで日々を過ごしていたからでしょうか。当時の暮らしのリアリティーがそこかしこから伝わってきます。

「内野邸」は大きく分けて母屋と工場跡に分けられます。母屋は豪奢な造りで明治時代の醤油問屋の財力を感じさせ、客用階段と使用人階段を用意し、書院建具や欄間などから贅を尽くした暮らしぶりもうかがえます。大きな倉には当時のままの家財や大きな金庫が現存し、工場跡には醤油醸造に使った大きな木桶や搾汁機などもそのままの姿をとどめています。

(Travel.jp たびねすウェブサイト)

パンフレットと現地説明板

               

母屋外部

                    

母屋内部、1階

                             

母屋内部、2階

                                 

工場跡、倉庫など

             

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中