JAPAN GEOGRAPHIC

神奈川県相模原市 旧中村家住宅

Kyu Nakamurake,Sagamihara city, kanagawa

Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 
 Water
 
 Flower
 
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 Food
 


Nov.11, 2016 松田浩志 source movie

中村家住宅主屋は、相模原市南西部の磯部字勝坂にある、幕末期の和洋折衷住宅です。

建築当初は3階建てでしたが、関東大震災後3階部分は取り除かれ2階建てとなっています。

建築を手がけたのは鎌倉大工の石井甚五郎で、10年の歳月をかけ完成したと伝えられ、詳細な板図が残されています。

建物の特徴は、1階が整形四間取りとし、西側に式台玄関を設け、外観は和風の要素でまとまっています。

2階は、外壁を海鼠壁(なまこかべ)とし、洋風の要素として軒を曲線の白漆喰で塗りこめ、正面に縦長の窓を配しています。 

相模原市ホームページより転載

旧中村家住宅外観

                                            

旧中村家住宅室内

                      

勝源寺

            

石盾尾神社

                                 

勝坂大凧の竹ひご準備風景

   

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中