JAPAN GEOGRAPHIC

神奈川県相模原市 津久井湖

Tsukuiko,sagamihara city,Kanagawa

Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 
 Water
 
 
 Flower
 
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 Food
 


 Oct. 10, 2019 松田浩志 source movie

台風19号による城山湖緊急放流が10月12日(土)午後9時半から13日午前1時15分までおこなれた。

13日午後11時の時点でもゲート6門中6門すべてから放流がおこなわれていた。

城山湖

                                                                                                

小倉橋下流

                                          

釜めし柳川 裏山崩落

              


 April. 28, 2019 松田浩志 source movie

 相模川周辺風景

 Sagamiriver,Kanagaw,Sagamihara-city

旧青柳寺庫裡

                                                                   

大島中ノ郷のヤツボ

                                 


Apr.11,2019 松田浩志 source movie

                                       


Apr.9,2019 松田浩志 source movie

津久井湖周辺

                                                                                                                                                      

 

相模川周辺風景

 Sagamiriver,Kanagaw,Sagamihara-city

 神奈川県津久井発電所

   

小倉橋下流

                           

青柳寺旧庫裡

                                                                                                         


Apr.5,2019 松田浩志 source movie

                          


Apr.3,2019 松田浩志 source movie

津久井湖と周辺風景

 Tsukuilake,Kanagaw,Sagamihara-city

                                                                                                                                                                                                                                                    


April. 01, 2019 松田浩志 source movie

津久井湖と周辺風景

 Tsukuilake,Kanagaw,Sagamihara-city

                                                                                                          


Dec.4,2015松田浩志 source movie

相模原市津久井の藁ぶき屋根民家

相模原市の中でも見かけたことがない堂々とした造りの藁ぶき屋根。

                                                                  


Mar.2011 撮影/文:松田浩志

相模線橋本駅よりバス25分ほど。神奈川県の水がめ(相模湖・津久井湖・宮が瀬湖・丹沢湖・津久井湖)の一つ。湖畔を見下ろすように、北条氏の甲州への備え城山がある。

津久井湖ダムの建設史にあるように、建設着工までに8年以上の歳月を要している。

これが戦前であったら国策ということで有無を言わさず、また反対をすれば、先祖伝来の地に対する愛着を女々しいものと無視し、さしたる保証もなく非国民との一言でかたずけられていたのでは。

湖畔には桜(染井吉野)が植樹され春にはそれなりの人が訪れるが、静かに桜を楽しむことができる。

八王子の養護老人ホームのマイクロバスが停まり、三々五々桜の下で歓談をし、心行くまで行く春を楽しんでいる姿に心打たれた。

津久井湖ダムの建設史

津久井湖記念館の歴史は、神奈川県が昭和28年に発表した城山ダム築造計画に始まります。

城山ダム築造計画は、神奈川県と横浜、川崎、横須賀の3市による共同事業で、神奈川県はじまって以来の一大事業でありました。

私達水没地域住民は、県の計画に対し、自らを守るための水没者組織をつくって、事業の撤回を要請し、8年半にわたってダム建設反対を叫び続けてきました。

しかし、昭和36年8月、私達は神奈川県民の水需要に応えるため、先祖伝来の墳墓の地を離れる決心をしたのであります。

それは、多年にわたる補償交渉の最後に、水没者の将来における生活の安定、向上を図るため「城山ダム建設に伴う総合施策要網」が県から示されたからにほかなりません。

このことにより、昭和36年11月城山ダム築造は工事が開始され、昭和40年3月に完成を見るに至りました。

そして1年を経た昭和41年3月、県によって当記念館が建設されたものであります。

当館の運営については、県と種々協議を重ねた結果、水没者の共済事業も合わせて「財団法人神奈川県津久井湖協会」を設立して行うことになり、この協会の設立準備が県企業庁と城山ダム移住者振興協議会とにおいて進められました。

昭和41年3月31日、県知事から協会設立が許可され、ここに総合施策要網に基づく記念館と共同事業がスタートするに至ったものであります。

(財団法人 神奈川県津久井湖協会 HPより転載)

         

2010年春

                  

2010年秋

                      

2011年冬

          

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中