JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

京都府京都市上京区 本法寺
(Honpoji Temple, Kamigyoku, Kyoto City, Kyoto Pref.)

Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 
 Water
 
 Flower
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 Food
 


March 31, 2018 大野木康夫 source movie

表千家

  

裏千家

   

本法寺山門付近

      

境内

多宝塔付近

                 

本堂付近

                  

本堂北側から

       

本堂東南から

        


Mar.27-Apr.9, 2015 中山辰夫

京都市上京区小川通寺之内上ル本法寺前町

平成27年度 本法寺、初咲きのさくら (27日) 4月9日には大半が散ってました。
   

宗派:日蓮宗 本尊:三宝尊
配置図
 
小川通に面した本法寺は本阿弥家の菩提寺であり、一門の墓もある。通りの向かいは裏千家今日庵である。
   

本堂、開山堂、多宝塔、庫裡、書院、大玄関、唐門、鐘楼、経蔵、宝蔵、石橋、棟札、13枚すべて、京都府有形文化財に指定されている。
庭園「三巴の庭」は本阿弥光悦作、国の名勝。長谷川等伯の釈迦大涅槃図(国重文)など貴重な寺宝がある。

案内
7年に及んだ文禄・慶長の役の戦後処理に派遣された松雲大師惟政という高僧が、家康との会見を待つ間、本法寺に滞在した。
その間文人との交流が盛んに行われた。家康との会見は翌年3月初旬に伏見城で行われた。
  

仁王門付近
「小川 こがわ」という疏水の水を引いた川が流れていた。その名残の石橋である。
               

摩利支尊天
     

多宝塔
寛政年間(1789〜1801)年代の再建
               

本堂付近
寛政9年(1796)の再建。桁行7間 梁間5間、周囲に軒支えの柱を廻らす、単層、入母屋造、本瓦葺、正面4間の向拝を付設
                    

長谷川等伯像付近
     

開山堂
開山堂:寛政8年(1795)の再建
       

経蔵と鐘楼
安土・桃山時代、1588年、10世・日通により建立された。天明の大火(1788)を免れ、宝蔵とともに当山最古の建物となっている。
扁額は、江戸時代、1717年、本覚院宮(宝鏡寺第22代門跡・徳厳禅尼)筆による。
          

唐門
      

本坊内に庫裏・書院・大玄関・宝蔵などがある。
江戸時代、1829年に紀州家の寄進による。上段の間をはじめ18畳が三間ある。
          

西門 堀川通に面している。
 

涅槃会館 仏涅槃図 
国重要文化財 長谷川等伯筆 (1599)慶長4年 縦10m、横6mの大画面 等伯61才時の作
写真は複製である。通常は複製を展示しているが、春期特別寺宝展の一か月限定で等伯の正筆が見られる。
布地でなく紙に描かれているためか鮮明で、彩色豊か。400余年を経た図とは思えず、大きさも手伝って圧倒される。やや高い入場料であるが値打は十分ある。

    

波龍図屏風
今回始めて公開された。ダイナミックな画面構成とされる。長谷川等伯作 桃山時代 六曲一隻 縦 159cm、横 351・8cm
 

庭園へは廊下でつながる
    

十(つなし)の庭
講堂南にある。十の数字を数える際に「十(とう)」のみは「つ」をいわないため「つなし」と洒落ている。
石は実際には9つしかなく、見る者の心中にもう一つの石はあるという。
                   

蹲踞の庭
書院南にあって光悦作庭とされる。光悦作の蓮弁模様の蹲踞が据えられている。
        

三つ巴の庭
国名勝
書院の東側から南へ曲がる鍵形で、広さはおよそ200坪。東南隅に石組の枯滝が配され、手前に置かれた縦縞模様の青石で流れ落ちる水を表現している。
書院近くには、半円形を二つ合わせて円形とした板石を「日」とよみ、10本の葛石を十角形に並べて縁取りした蓮池を「「蓮」とよむ。
低い築山が三つ、これを巴形模様にかたどった所から「三つ巴」の名がおこった。
                  

宝蔵、その他スポット
         

参考資料≪パンフレット、京都の社寺、他≫





Mar.2013 野崎順次 source movie


京都府京都市上京区小川通寺之内上ル本法寺前町617
日蓮宗本山
叡昌山 本法寺
(Honpoji Temple, Kamigyoku, Kyoto City, Kyoto Pref.)

撮影日: February 24, 2013

本法寺は、日蓮宗京都十六本山の一つ。開基は信仰規範の不受不施を唱えた日親上人で、一条戻り橋の袂の立って辻説法を始めてから9年目の永享8年間(1436)、東洞院綾小路(四条烏丸の東南辺り)に建立されたのに始まる。

天文5年(1536)、本法寺は、「天文法華の乱」で他の法華宗寺院と同じく、一時期和泉(大阪)の堺へ避難するが、法華(日蓮)宗本山の帰洛が許され一条堀川(現晴明神社あたり)に再建。更に天正15年(1587)、豊臣秀吉の聚楽第造営にあたり、強制的に替地として与えられた現在地へ移転している。このとき、移転工事を監督したのが本阿弥光悦。その後の天明8年の大火により堂宇の殆どを焼失したが、暫時再建され現在の堂宇となっている。

(京の名所旧跡巡りHP「本法寺」より)

本堂、開山堂、多宝塔、仁王門、鐘楼、経蔵、庫裏、書院、大玄関、唐門、宝蔵、石橋、棟札十三枚が京都府指定有形文化財である。

現地説明板

     

府文 仁王門

            

摩利支尊天

           

府文 多宝塔

               

府文 本堂

                        

長谷川等伯像

     

府文 開山堂

         

府文 経蔵と鐘楼

         

境内

      

府文 唐門

         

府文 庫裡と書院と大玄関

              

西門

 

近くの百々橋礎石

   





Feb.2013 野崎順次 source movie

京都府京都市上京区小川通寺之内上ル本法寺前町617
叡昌山 本法寺

撮影日: February 3, 2013

永享8(1436)年日親上人の創建。日蓮宗。本阿弥家の菩提寺。もとは四条高倉にあり一条戻橋辺に移ったが、天正15(1587)年にこの地に移った。光悦の寄進状を添えた紫紙金字法華経(重文)、長谷川等伯の釈迦大涅槃図(同)など貴重な寺宝がある。
庭園「三巴の庭」は光悦作、国の名勝。涅槃会館にて宝物展示あり。境内諸堂のうち、本堂、開山堂、多宝塔、庫裡、書院、大玄関、唐門、鐘楼、経蔵、宝蔵、石橋、棟札、13枚すべて、京都府有形文化財に指定されている。
(京都観光NAVIより)

今回は庫裡、涅槃会館、書院にて、庭と寺宝を鑑賞した。

         

十(つなし)の庭、一つ、二つと十まで数えていくと、十だけが「つ」がつかない。だから十と書いて「つなし」と読むそうだ。

           

国名勝 本法寺庭園 三つ巴の庭 本阿弥光悦の作
室町期の書院風枯山水の影響を強く残しながらも、桃山時代の息吹を感じさせる名庭である。東南隅の奥深い部分に枯瀧石組があり、その枯瀧の中核には、大小の立石を用いた三尊石組の形式がみられる。また、ほぼ中央の分断された円形石(日を表わす)と十角形に縁どられた蓮池があり、「日蓮」と読める。

                                       

参考資料
本法寺HP


事務局用


All rights reserved 無断転用禁止 会員募集中