JAPAN GEOGRAPHIC

京都府京都市山科区 山科本願寺跡
Honganjiato,Yamashinaku,Kyoto city,Kyoto

Category
Rating
Comment
General
 
Nature
 
Water
 
Flower
 
Culture
 
Facility
 
Food
 




西本願寺山科別院(山科本願寺跡)

Apr.2013 大野木康夫

撮影 Mar 31,2013 

境内の桜






Dec.2011 大軒康夫 source movie

山科本願寺は、浄土真宗中興の祖である蓮如が、本願寺再興のため、山科の地に文明10年(1478)から建設を開始したものである。
山科本願寺は、江戸期の絵図によると御影堂や阿弥陀堂等、本願寺の堂舎が建ち並ぶ「御本寺」、法主の家族や坊官達の屋敷がある「内寺内」、寺に関わる職人や商人等の町衆の居住区である「外寺内」の3つの郭から構成され、それぞれの郭と外周は、土塁と濠により、厳重に区画することによって、寺内町と呼ばれる独立した空間を築き上げていた。
その寺域は、古図などから東西800m、南北1,000mの規模があったものと考えられ、極めて城郭的要素の強い寺内町を形成していたことがわかる。
延徳元年(1489)、75歳になった蓮如は、法燈を子の実如に譲り、本願寺東の地に隠居寺を設け、住まいとした。
この地は、実如の住む北殿に対して南殿と称された。
南殿は、「御在世山水御亭図」(光照寺蔵)によると、土塁と濠に囲まれ、防御 的な面が強い施設、200m四方の規模を持つていたものと推定される。
また一方、敷地内には園池が設けられ、築山を構え、持仏堂・山水亭・台所などを備えた風雅な建物であったこともわかる。
このように山科本願寺は、兵火にさいなまれていた京の都に隣接する山科の地に、仏法の支配する独自の世界を創出しようとしたものであったが、天文元年(1532)に六角氏と法華宗徒の攻撃により焼失した。
山科本願寺跡は、現在は京都市の公園内に残されている巨大な土塁と民有地内に土塁跡が一部確認されるにすぎない。
公園内に残された土塁は、内寺内と外寺内を画する東北隅の部分であり、総延長100m余、高さ9mを測る。
当該地の地名は「様子見町」といい、この土塁の見張り台としての機能を示しているものと思われる。
南殿の地は、真宗大谷派光照寺の境内地と真宗大谷派直轄の地及び民有地として推移してきているが、古図にある築山・池・土塁・濠などが現在も残されている。
平成13年度、当地においてマンション建設が計画され、発掘調査の結果、現在残っている土塁・濠に続く部分の遺構と掘立柱建物・柵列・溝などが検出され、当時の遺構が良好に保存されていることが確認された。
このように山科本願寺南殿跡及び土塁跡は、土塁と濠に囲まれた強固な防御施設を備えた中世環濠城塞都市として、かつ一向一揆という歴史上重要な一揆に関係した蓮如の遺跡として、我が国の歴史を知る上で貴重な遺跡であり、史跡として指定し、保護しようとするものである。
(国指定文化財等データベースより)

今日の本願寺教団の基礎を作った蓮如上人が山科の地に建てたのが山科本願寺です。
山科の土豪海老名氏が土地を寄進しました。
室町時代の天文年間に法華宗徒や近江の六角氏により焼き討ちされましたが、跡地は、山科本願寺南殿跡附山科本願寺土塁跡として、国の史跡に指定されています。

南殿
所在地 京都府京都市山科区音羽伊勢宿町34

現在の南殿幼稚園の敷地に土塁や庭園跡が残っています。
幼稚園を経営している南殿光照寺(大谷派)が管理しています。

実如上人、証如上人の御塚

所在地 京都府京都市山科区東野中井ノ上町10-10

南殿の真南、五条通を越えたところにあります。
本願寺山科別院(舞楽寺)の霊苑内に並んで築かれています。



本派本願寺山科別院(舞楽寺、通称「西御坊」)

所在地 京都府京都市山科区東野狐藪町2

南殿から西に向かい、外環状線を越え、音羽川と四ノ宮川にはさまれたところに建っています。


大谷派山科別院(長福寺、通称「東御坊」)

所在地 京都府京都市山科区竹鼻サイカシ町13-17

南殿の北側の道をまっすぐ西に向かうと、東御坊があります。
東本願寺の山科別院なので、「東御坊」と呼ばれています。

東御坊のすぐ南に、かつて蓮如上人の銅像が立っていた台坐が残っています。
銅像は戦時中の金属供出にかかったそうです。

所在地 京都府京都市山科区西野大手先町8

蓮如上人の御塚

所在地 京都府京都市山科区西野大手先町16

西御坊の真西、京都市立山階小学校の北隣に御塚があります。

土塁跡

所在地 京都府京都市山科区西野阿芸沢町山科中央公園内

御塚と安祥寺川を挟んで西側、山科中央公園の一角に巨大な土塁が残っています。

西宗寺

所在地 京都府京都市山科区西野広見町

蓮如上人に土地を寄進した海老名氏が建てた寺院で、住職は今も海老名さんです。
蓮如上人が没した場所と伝えられています。

土塁跡

所在地 京都府京都市山科区西野広見町37付近

私有地に残っている土塁です。






All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中