JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

京都府宇治市 宝蔵院
Hozoin,Uji city,Kyoto

Category
Rating
Comment
General
 
Nature
 
Water
 
Flower
 
Culture
 
Facility
 
Food
 



Feb.2012 中山辰夫


京都府宇治市五ケ庄三番割34-4

宗派:黄檗宗
本尊:釈迦牟尼
国重要文化財:鉄眼版一切経

JR萬福駅から歩いて4〜5分。萬福寺にも近い。萬福寺の塔頭が並ぶ中ほどにある

宝蔵院は、寛文9年(1669)一切経の開版を志した鉄眼(てつげん)禅師が、萬福寺開山・隠元から
黄檗山内に寺地を授かり、藏板・印刷所として建立された。
本堂

収蔵庫外観

全巻6,596巻、現在仏教各宗派で使われているお経は、いずれもこの一切経のうちに含まれる。
ここに収蔵されている版木は日本近代化印刷の原点とされる。現在もその版木で経典が刷られている。

鉄眼版一切経版木と鉄眼禅師像

版木収蔵庫内
6万枚の版木は、縦26cm、横82cm、厚さ1.8cmで、3cmの縁がついている。

版木材料はすべて吉野桜、版木の書体は明朝体であり、現在も広く使用されている書体の明朝体は
ここから発したもの。

版木の現在
一切経の版木は、現在も完全な姿で保存され、国の重要文化財に指定されている。
宝蔵寺内では、この版木を用いて現在も経本の印刷(木版印刷)・出版が行われている。

わが国に明朝体を根付かせ、原稿用紙の規格を定着させ、印刷技術がいち早く国際水準に
高められたのは、すべて『鉄眼一切経』事業があったからといわれる。
天和元年(1681)に完成して、330余年となる。

一切経について

鉄眼禅師について




All rights reserved 無断転用禁止 会員募集中