JAPAN GEOGRAPHIC

三重県伊賀市 町井家住宅

Machiike, Iga city, Mie

Category
Rating
Comment
General
 
Nature
 
Water
 
Flower
 
Culture
 
Facility
 
Food
 


伊賀市枅川518 町井家住宅 主屋 重文 近世以前/民家 江戸中期 延享元(1744) 桁行15.2m、梁間13.2m、入母屋造、桟瓦葺、南面庇本瓦葺、西面突出部附属 19750623

伊賀市枅川518 町井家住宅 書院 重文 近世以前/民家 江戸後期 18世紀末-19世紀初 桁行9.0m、梁間4.8m、東面突出部 桁行3.9m、梁間5.0m、南面式台及び東面繋の間附属、入母屋造、桟瓦葺 19750623


March 16,2014 大野木康夫 source movie

書院

主屋


Mar.2012 大野木康夫 source movie

所在地 三重県伊賀市枅川518

2012.3.25撮影 

町井家は大庄屋を勤めた家柄で、住宅は主屋と書院からなる。

主屋は重厚な意匠になり、書院は軽快な趣をもち、地方上層農家を知る重要な遺例である。

(国指定文化財等データベースより)

町井家住宅は伊賀鉄道丸山駅から東に約1㎞行った枅川(ひじきがわ)にあります。

主屋、書院とも全面桟瓦葺で、他の古民家とは違った趣の建物です。

主屋(重要文化財)

延享元(1744)年の建築

桁行15.2m、梁間13.2m、入母屋造、桟瓦葺、南面庇本瓦葺、西面突出部附属

書院(重要文化財)

18世紀末から19世紀初頭の建築

桁行9.0m、梁間4.8m、東面突出部 桁行3.9m、梁間5.0m、南面式台及び東面繋の間附属、入母屋造、桟瓦葺

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中