JAPAN GEOGRAPHIC

三重県津市 谷川士清旧宅と墓

Tanigawa Kotosuga,Tsu city,Mie

Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 
 Water    
 Flower
 
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 Food
 

May 11,2016 瀧山幸伸 source movie

「日本書紀通証」などの著述で著名な医業もかねた古典研究家谷川士清(1709−1776)の旧宅。街道沿いにある桟瓦葺平家建の町家で、建物内部は後に相当模様がえされたが、主構造などは、なお旧態を保っている。(文化庁)

                                                                   

谷川士清は伊勢の人淡齋と號す、玉木葺齋等に從って垂加神道を学び深く皇国の大義に徹し其の著日本書紀通證、倭訓栞は不朽の大作として最も世に著はる、安永5年10月10日歿す。 墓は菩提寺福藏寺にあり低き基壇上に基石を二段に重ね上に墓石を建つ高さ約1尺8寸6分、正面に「淡齋谷川士清之墓」右側に「寳永己丑2月26日生安永丙申10月10日終」右側に「孝子士逸謹建」と刻す。(文化庁)

               

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中