JAPAN-GEOGRAPHIC.TV

長野県岡谷市 旧林家住宅
Kyu Hayashike,Okaya City,Nagano

Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 
 Water
 
 
 Flower
 
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 Food
 

岡谷市御倉町2-20 旧林家住宅 主屋 重文 近代/住居 明治 明治40(1907)頃 木造、建築面積219.03u、2階建、桟瓦葺、東面南北渡り廊下附属 板絵図2枚、平面図1枚 20021226
岡谷市御倉町2-20 旧林家住宅 離れ 重文 近代/住居 明治 明治40(1907) 木造、建築面積74.45u、2階建、桟瓦葺、東面浴室及び便所附属 20021226
岡谷市御倉町2-20 旧林家住宅 洋館 重文 近代/住居 明治 明治40(1907)頃 木造、建築面積84.46u、正面玄関ポーチ付、鉄板葺、西面離れ・内蔵に接続 20021226
岡谷市御倉町2-20 旧林家住宅 内蔵、穀蔵及び味噌蔵 重文 近代/住居 明治 明治40(1907)頃 土蔵造、建築面積81.14u、2階建、桟瓦葺、北面離れに接続、南面外蔵に接続 20021226
岡谷市御倉町2-20 旧林家住宅 外蔵 重文 近代/住居 明治 明治26(1893) 土蔵造、建築面積129.62u、2階建、桟瓦葺 20021226


Dec.23,2017  野崎順次 movie


長野県岡谷市御倉町2番20号
旧林家住宅

国重文

旧林家住宅は,近代岡谷を代表する製糸家のひとりである林国蔵が,諏訪湖西方に建設した住宅である。主屋,離れ,洋館,内蔵・穀蔵及び味噌蔵は明治40年頃,外蔵は明治26年の建設と考えられる。 主屋は木造二階建,切妻造・妻入の本棟造風で,切妻造の玄関を設ける。離れは土蔵造二階建で,南に内蔵が連続し,これらの東に洋館が接続する。洋館は木造平屋建で,正面に切妻造の玄関ポーチを設ける。内蔵・穀蔵及び味噌蔵は,二階建土蔵造である。外蔵は切妻造・平入,二階建土蔵造である。
旧林家住宅は,明治後期の実業家の邸宅として,屋敷全体が良好に保存されている。伝統的な形式を継承しつつ,洋風も要所に配し,高度な技術が隅々まで発揮されており,金唐革紙を用いた豪奢な離れ二階も,高い価値がある。
(文化財オンラインより)

パンフレットと現地説明板

    

建物外部、表門

        

主屋

                         

外蔵

           

内蔵・穀蔵及び味噌蔵

          

洋館

                  

内蔵

     

建物内、主屋玄関・台所・座敷

                                   

中庭、廊下伝いに離れへ

                 

離れ1階の金唐皮紙の説明展示。金唐革紙とは西洋建築の壁を飾る美しい装飾の革「金唐革」を真似て和紙で作られた壁紙のこと。

             

離れ2階、天井と壁の全面に金唐革紙が残る。

           

洋館へ、洋館の中に座敷と茶室がある。

                   

洋間(応接室)、天井に金唐革紙

                  

玄関ホール、天井に金唐革紙

     

中庭を囲む廊下

               

主屋に戻る。

         

仏間

        


Sep.2008 瀧山幸伸 HD video Video FAQ

 

     

主屋
          

    

                                                 

離れ
                              
   

洋館
                                                   


外蔵
       

内蔵、穀蔵、味噌蔵

                   


 

All rights reserved 無断転用禁止 会員募集中