JAPAN GEOGRAPHIC

奈良県橿原市 おふさ観音(小房観音)

Ofusa kannon, Kashihara City, Nara

Category
Rating
Comment
 General
 
 
 Nature
 
 
 Water    
 Flower
 
 
 Culture
 
 
 Facility
 
 Food
 



July 25,2017 中山辰夫

橿原市小房町

お房観音は、近鉄畝傍御陵前駅から徒歩で約10分。大和三山の耳成山と畝傍山のほぼ中央に位置する。

 

宗派:高野山真言宗 開基:1650(慶安3)年 開祖:妙円尼 本尊:十一面観音像、空海の作とされ、比叡山の観音院の本尊だったものを遷座された。

お房観音のはじまり

  

訪れた日は風鈴祭りが行われていた。

つるされた約2500個の風鈴の音が境内に「涼」を感じさせた。祭は7月1日から8月末日まで行われ、約8万人の来場が見込まれるとか。

  

この祭りは現在の副住職が2003年から始められた。風鈴は、音が魔よけにもなる古代中国の風鐸(ふうたく)を起源をもつといわれる。

寺域は広い

    

境内図

  

山門〜本堂周辺  他の堂宇は風鈴で近寄れない。風鈴・風鈴がやたらと多く、堂宇の廻りを取囲んでいる。

                

円空庭から茶房「おふさ」

    

ふうりん

    

バラまつり

バラまつりは、おふさ観音が1995年から毎年開催している恒例の行事。

バラの見頃である春と秋に、当寺で育てている、約3,800種類(約4,000株)のバラが見れる。

終わった春祭りの「残り香」

    

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中