JAPAN GEOGRAPHIC

奈良県天理市 柳本
(Yanagimoto, Tenri City, Nara Pref.)

Category
Rating
Comment
  General
 
 
  Nature
 
  Water    
  Flower
 
 
  Culture
 
 
  Facility
 
  Food
 


August 23, 2020 野崎順次 source movie

奈良県天理市 柳本の石仏
(Stone Buddhist Images in Yanagimoto, Tenri City, Nara Pref.)

石仏の多い地区である。特に古墳の石材を多く使用しているのは、近くに県下最大級(600基以上)の龍王山古墳古墳群があり、鎌倉時代中期にかなりの古墳が荒らされたらしい。

上ツ道より手前の道を北へ行くと、下長岡公民館がある。ここらにはかつて光蓮寺があったそうだ。
   


石仏が並んでいる。専行院と同様の大きな弥陀石棺仏があり、銘は建治二年(1276)とのこと。細身で裾の開いたところが同じ作者らしい。
        


他の地蔵石仏など。
          


北の四つ角を東にとると、上ツ道沿いに長岳寺五智堂(国重文、鎌倉時代)が建つ。
           


その脇に石仏群があり、素朴で優しい顔が多い。
                


そこから少し東に入ると、約20体の石仏がある。
        


阿弥陀と地蔵の双仏石もある。阿弥陀は西方浄土の主、地蔵は現世で衆生を救済する菩薩、地蔵の導きで極楽往生するという阿弥陀信仰である。鎌倉時代には庶民にまで広まった。
  


参考文献
清水俊明「大和の石仏、昭和49年」

All rights reserved 無断転用禁止 登録ユーザ募集中